ホーム映画レビュー ≫ 吉田羊から目が離せない、最近いちばん心惹かれる女優さん

吉田羊から目が離せない、最近いちばん心惹かれる女優さん


entry_img_90.jpg



「脳内ポイズンベリー」観てまいりました


原作は同名の少女コミックで、主演は真木よう子。


観た人の評価はいまのところ賛否両論だけど、上映されたら絶対に観に行こうって決めてたので、他人の意見は聞かない(笑)


主演の真木よう子も大好きなんだけど、それよりもっと見たい人が出てるから、ずっと楽しみにしていました。


↓クリックが一人暮らしの支えです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク


その人の名は、吉田羊。


今、もっとも注目されている女優さん。


私、女性ですけど、この人の姿をテレビで観かけると、キュンキュンしてしまいます(笑)そのくらい、今、ものすごーく気になる人なんです。


凛としたたたずまいがステキ過ぎます。お顔のパーツも、妙に大きすぎたり甘々だったりせず、あくまでもキリッと整っていて、そこがまたいいなぁ


2年ほど前からジワジワと来てましたけど、去年から一気にブレイクしましたね


私が最初に、「アレ?この人、なんかすごくいいなぁ」と思ったのは、2012年のNHK朝ドラ「純と愛」のとき。


ヒロインの夏菜を叱咤激励する厳しい上司の役でした。


黒いビジネススーツがすごく似合っていて、口ではキツイことを言いながら、胸の内の優しさをほどよく滲ませる演技力が、ダントツ光っていました。


このドラマ、何かと評判だったけど(ネガティブな意味で)、そんな出演陣の中で、この吉田羊の存在感は、突出していた気がします。


その後、大ブレイクのきっかけになったのが、去年の夏に放送していたキムタク主演の「HERO」


女性検事という極めてカタイ役が、とってもお似合いでした。


でも、そのバリバリ仕事のデキる女検事の素顔はというと、実に人間臭くて可愛いのそのギャップを絶妙なバランスで演じて、それまで吉田羊の存在を知らなかった人からも、注目を浴びたわけです。


さらにHEROのときの吉田羊が実にファッショナブルだと、評判になっていました。毎回、どんなコーディネートで出てくるのかがすごく楽しみで、中高年の私でさえそうなのだから、おしゃれ最前線の女性なら憧れないはずがない


私、あのとき彼女が来ていたアイテムが、どれもこれもあまりにステキだったから、思わずメーカーやブランドを調べて、似たようなのを商売用に仕入れてみたりしたほどです。(もちろん、即売れ


この人、ホントにひっぱりだこで、これまでの出演作をちょっと振り返るだけでも、ビックリします。


前述の純と愛やHEROはむろんですが、この前まで放送していた「ウロボロス」でも女性キャリアとして出演して、周りの男どもをクールにあしらっていたし、


今現在放送中の多部未華子主演の「ドS刑事」でも、やっぱり女性キャリア役で出演中。


キリッとした印象だからか、法曹界の職業や刑事役がピッタリとハマるんでしょうね。


そうかと思えば、現在上映中の「ビリギャル」では、母親役を熱演して絶賛されているし、やっぱり舞台出身で鍛えられているせいか、ハンパない演技力なんですね。


ドラマに映画、その上CMもいっぱい出ているので、この人を見ない日はないと言っても、過言じゃないでしょう。


吉田羊の出ているCMの中で、私が一番好きなのがポカリスエットのCM。


鈴木梨央ちゃんと親子の設定で出演中なんだけど、いつものキリッとクールな雰囲気じゃなくて、ほんわりと天然っぽい可愛いお母さんを演じています。このCM、「すごく微笑ましくて癒やされる~」と、ネットでも大評判ですよね。


そんなこんなで、ここまで一気に吉田羊が、いかに好きかってことを書きなぐってしまってごめんなさい。


どうやらしばらくは、吉田羊熱が冷めそうもない、50代バツイチおひとりさまです^^


※脳内ポイズンベリーのレビューは、また別途に書きます。


では

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル