ホーム離婚までの経緯シリーズ ≫ 帰ってきたモラハラ夫が目をつけた新たなるターゲット~離婚までの経緯18

帰ってきたモラハラ夫が目をつけた新たなるターゲット~離婚までの経緯18


entry_img_88.jpg



「3月20日から大阪勤務」というタイトルのメールが届いたのが、2008年の2月の月末でした。


東京に単身赴任中だった元夫が、この年の春の異動で大阪支社の勤務になったのです。


いよいよ、あのモラハラ夫が帰ってくるーーーーっ


ここでいきなり脱線します


↓クリックが一人暮らしの支えです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク



私、ずっと疑問に思ってたことがあるんです。


元夫のような人でも、会社ではかなりの部下を抱えて、それなりに業績もあげて、年令に応じて普通に出世もしていたという現実。


私の疑問っていうのは、ソコなんですよ。


元夫の職場での様子は見たことなかったけど、やっぱ、アレだったのかな?外面だけはいいとか、ネコかぶってるとかだったのでしょうか?


モラハラのハラッサーって、場面や相手によって、自分を演じ分けるという特徴もあるので、たぶん元夫の場合も会社用の顔があったんでしょうね。


このときの異動も、相当な昇進でした夫婦円満のご家庭なら、奥様が泣いて喜ぶような


まぁ、元夫はこのときすでに60歳目前。あと少しで定年という時期でしたからね~長年の功労を称えてもらったのだと思います。


今となっては、もうどうでもいいんですけどね。元夫もめでたく定年を迎えて、今は、今は、今…


あれれっ?今は、どうしてるのかな?


嘱託で、まだ勤めてるのか、はてさてどうなのかもはや全く知らない、元妻なのでした(笑)


まっ、いいや。話を2008年の時点に戻して、続きを書きます。


元夫とまともに顔を合わせるのは、もうどのくらいぶりか判らないほど久しぶりです。また、あの死にそうに苦しい呼吸困難の発作がぶり返さないか、自分でもとても心配でした。


その反面、「今なら大丈夫、発作は起きない」という確信のようなものもありました。


それは、「近いうちに必ず離婚して、元夫を完全に断ち切るんだ!」という、強い決意と希望があったからだと思います。



3月に入って、私は元夫にメールしました。


今回はそれなりに荷物もあるだろうし、その便はいつ到着なのか、本人自身は何日に戻ってくるのか、そういうことを知らせて欲しいと。


返信がないまま、ある日突如、元夫はヒジョーに派手なご帰還となりました。(笑)


ちょうど、夕飯が終わった時分でした。わが家の表で、いきなりものすごい勢いで、クラクションが鳴り響いたのです。さながら暴走族のように、連続かつ際限なく。


慌てて飛び出して見ると、元夫が自分の車で帰ってきたところでした。


わが家の駐車スペースは、さほどゆとりがなかったので、きちんとお行儀よく停めておかないと2台入りません。折悪しく、私がちょっといい加減な停め方をしていた日だったので、自分の車が入らないという元夫の抗議行動だったわけです。


母も息子も出てきて、おまけにご近所の皆さんまで「どーした?どーした?」と、次々に出てきてしまって、あとで謝りに回る羽目に


PTSDの治療で通院するようになってから、父や母にも長年の元夫のモラハラぶりは伝えてありました。


だから、母も頭では「モラハラ」を理解していたのでしょうが、モノホンを目の当たりにしたのはこのときが初めて!60近いオヤジが、まるで子どもの癇癪のような行動を起こす様子に、驚くやら、あきれるやら。


当の元夫は、クラクション騒動などどこ吹く風。わが物顔でリビングに入ってくると、母をチラッと見たのです。目が合った母は、思わず「これから、どうぞよろしく」と挨拶しました。(離婚準備してるのをわかってるのにね、笑)


ところが、元夫は全く返事もせずに完全無視。


そのとき私は、「アレ」と違和感を覚えました。


元夫の様子が、以前とはどこか違うと感じたのです。


これまでは、私には暴言を吐いたり、無視を決め込んだり、理不尽な命令をしたり、とにかくモラハラの限りをつくしていたけれど、両親に対してはおとなしかったのです。


両親がいるときは、気まずそうにすぐに自室に引きこもるのが常でした。


でも、このときは違ったんです。母のことなど目に入らないかのように、母が何を話しかけても、とことん無視をし続けました。


多くの場合、モラハラの加害者は、攻撃の対象者以外には、仮面をかぶって良い人を装って見せます。だから、外部からはモラハラの実態が見えにくいものなのです。


またモラハラの加害者というのは、自分より弱いものを標的にします。そして、自分より明らかに強い相手には媚びへつらうのが、これもまた顕著な特徴なのです。


元夫にとって、私の父は「自分より強い相手」だったのでしょう。その父がいなくなれば、残された母の存在などもう怖くはないというわけです。


その日から、元夫のハラスメントのターゲットは、私と母の2人に増えました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> さや様

いつも読んでいただいて、
ありがとうございます。


>このブログは有料のものですか?

はい、fc2ブログの有料プランを
利用しています。

これからもできる限り
がんばって続けていくつもりです。
ぜひまたお立ち寄り下さい(*^_^*)

花音(かのん) | 2015.05.16 19:31 | URL


はじめまして

ここ最近、読ませていただいております。
文章力があり、読みごたえがありますね。
頭のいい方だなあと感心するばかりです。

ところで、このブログは有料のものですか?
とてもすっきりとしていて好感が持てます。

これからもいろんな記事楽しみにしています。

さや | 2015.05.16 09:57 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル