ホームおひとりさま生活情報 ≫ JRの車内に忘れ物をした場合の連絡先と回収の流れについて

JRの車内に忘れ物をした場合の連絡先と回収の流れについて


8795b59b381e399cf969a687ee028d90_s.jpg



4月になってから、気持ちよく晴れた日はほんの数日。あとはドンヨリときげんの悪い空模様ばかりですね。


今日も朝から小雨が降ったりやんだりのハッキリしない一日でした。


お昼前後には青空がのぞいたりもしましたが、いよいよ出かける段になると、また空の色は薄黒く沈んでいて、結局、ビニール傘を持って出発したのです。


↓クリックが一人暮らしの支えです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ


スポンサーリンク

仕事の打ち合わせを終えての帰り道。JRの大阪駅にあるエキマルシェに寄って、ちょっとした食品を買いました。


このとき、私の手には、バッグとビニール傘と、今買った買い物の袋の3つ


帰路の電車の中で、ついウトウトとしたらしく、降車駅のアナウンスにハッとして、慌てて飛び降りました。


このとき、バッグと買い物の袋は辛うじてつかんでいたものの、傘のことなどスッカリ忘れていたんです。


「あっ、しまった


傘を電車内に置き去りにしてきたことに気づいたのは、帰宅してから。


こういう場合、どこに電話すればどんな手順で探してもらえるかを私は知っていました。というのも、ちょうど1年位前にも忘れ物をして、JR西日本の係の人の手を煩わせた前科があったのです。


その時は今日のような至近距離の乗車ではなく、名古屋からの帰りの新幹線の車中に忘れてしまいました。


忘れたのは仕事で使う資料で、どうしても必要なものでした。そんな大事なものを忘れてくるなんて、緊張感がなさ過ぎだろうと自己嫌悪でいっぱいになった記憶があります。


すぐにJR西日本お客さまセンターというところに電話をしました。担当窓口では、主に以下の項目をたずねられます。


◎忘れ物をした日時、列車名、座席番号、乗車駅と降車駅

◎忘れ物の形状、中身の概要、特に目立つ特徴、名前のわかるものの有無

◎こちらの連絡先



私の場合はお昼すぎに電話をして、「ありましたよ」の連絡を受けたのは同じ日の夕方でした。


問い合わせの電話をしたときに「すぐには見つからない場合もあるので、ご了承ください。」と言われていたので、もっと日にちがかかるものと思っていました。だから、私的には「はやっ」という印象。


それで、その大事な紙袋は、なんと広島駅で保管されているとのこと。拾得した連絡の電話も広島駅からでした。


取りにこられるかどうかをたずねられて、躊躇していたら「送料はお客さまの負担になりますが、宅配でお届けすることもできますよ。」と案内があったのです。


当然、その日や翌日には戻ってきませんが、戻りさえすれば数日は待てます。だから、送ってもらうようにお願いしました。


そして、もっとかかるかと思いきや、中一日置いただけでちゃんと戻ってきたのです


JR西日本さん、お手数をおかけして本当にごめんなさい。


JR各社は、忘れ物を拾得したら、その品名、サイズ、外観などを専用システムに登録します。(たぶん、他の鉄道会社もだいたい同様の管理方法ではないかと思います。)


そして、忘れ物の問い合わせがあった際には、そのシステム内で検索をして探すのですが、問い合わせのタイミングによっては、まだ登録されていない場合も多々あるようです。


その場合、探している忘れ物の特徴を登録して、該当するものが登録された時点で、当該品かどうかを確認するという手順になります。


私のように見つかった場合は、それを預かっている駅のセンターから電話がありますが、もし見つからない場合は、「見つからなかった」という報告はありません。


こういう流れを考えた時、ビニール傘1本で手を煩わせるべきか?もし遠い駅で見つかったとしたら取りに行けるか?ましてや宅急便で手配してもらうほどのものか?


そんなことを思いあぐねて、今回のビニール傘はあきらめることにしました。


探させる手間をかけるのと、忘れたとわかっているのに連絡したり取りに行ったりせずに膨大な忘れ物をまたひとつ増やすのとでは、どちらが迷惑なことかわかりませんけど。


ホント、JRさん、ごめんなさい。


ちなみに忘れ物センターに届いてから一定期間を過ぎた忘れ物は、所轄の警察署に引き渡されるそうです。そうなると今度は、各県警の担当箇所に問い合わせることになり、さらに探索に時間や手間がかかってしまいます。


忘れ物は気づいた時点で、なるべく早く最寄り駅に問い合わせましょう。


そして、電車に乗るときは、忘れ物をしないように常に気を引き締めていてください←自分へのいましめ


254df0e608989a94210a5a07157ad7c5_s.jpg




スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル