ホーム50代おひとりさまトリビア ≫ 最近あの夢を見ないのは、ストレスから解放された証拠かも知れない。

最近あの夢を見ないのは、ストレスから解放された証拠かも知れない。


AS173_L.jpg



離婚を決意して、家を出てから7年。正式に離婚してか4年めになりました。


過ぎた年月を思うと、時の流れの早さに気づきます。


あの頃より、7歳分の年をとった今の自分は、当然のことながらずいぶんと老けました。では、7歳若返らせてあげるから、あの頃やもっとそれ以前の若い頃に戻りたいかと問われれば、私は絶対に拒否します。だって、今の方がずっと幸せですから


↓クリックが一人暮らしの支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク

自然の摂理にしたがって、加齢とともに身体の機能や見た目が衰えてくるのは仕方ないことです。どんなに若返りたくても、多少のケアや治療で、見た目や身体能力を劇的に向上させることは、とても困難だと思います。


大がかりな美容整形などを施せば、劇的な「年齢の逆行」が叶うかも知れません。でも、それには、莫大な費用がかかります。


そして、せっかくみごとな若返りを果たせても、それは一時的なものにしか過ぎず、生きている限りまた老化することは止めようがありません。


そうなると、若さを維持するためには、またさらにお金を注ぎ込んでアチコチをいじるという、「イタチごっこ」に陥ってしまうのです。


そもそも、そんなイタチごっこに支払うような余分なお金は一銭もない私には、はなから年齢に逆らってまで見た目を取り繕う気はありません。


ただ、ごく一般的な日常生活や社会生活を送るのに、見苦しくない程度には、身だしなみを整えていたいとは思っています。


でも、外側をごまかしたり、塗りたくったり、着飾ったりということにムダな費用と労力をかけず、とにかく健康を保つことに知恵と時間を使いたい、それが私の考え方です。


そうなると、やはり日々の食生活が大切になります。でも難しい栄養学や調理法を取り入れるのはめんどくさいですよね。だから、意識するのはたったひとつのシンプルなことだけ!


体に良いものを摂って、体に良くないものはなるべく口にしない


基本的にこれだけを守ればいいというゆる~いスタンスで毎日を送っています。>あっ、それともうひとつ!身体と心はリンクしているので、精神衛生も健全に保つ、このこともすごく大切ですね。


様々なしんどい感情や人間関係、逃れたくても逃れられないしがらみ、そういものにがんじがらめになっていた20年余りの結婚生活にピリオドを打って7年。


今は、暮らしぶりも持ち物も、そして何より考え方をシンプルにすること、それが今の私の生き方です。


シンプル・イズ・ベスト


そういえば、結婚してしばらくした頃から離婚するまでの間、ほとんど毎日のように必ず見る夢がありました。


どんな夢かというと、迷彩柄の軍服を来た軍隊のような、あるいは自衛隊のような、ともかくそういった複数の人に私ひとりが追われているのです。


場所はジャングルのようにうっそうとした密林だったり、ときには砂漠だったり、断崖絶壁の海岸だったり。


逃げても逃げても追手はやってきて、いよいよ追い詰められて、絶体絶命!と思った瞬間に目が覚めるというパターン。


いつもいつもみごとなほど同じ夢を見ました。それがいつからか、全く見なくなったのです。正式に離婚して、少し経った頃に「あれ?あの夢、全然見なくなったなあ。」と気づきました。


ちょっと調べてみたところ、世の中には私と同じような夢を見る人がけっこう沢山いるみたいなんです。


心理学や精神医学の見地から、そういう夢を見る人は、日常において強い束縛を受けていたり、精神的に追い詰められている状態にある場合が多いそうです。当時の私もそういう過度のストレスに、日々さらされていたということでしょうか。


ということは、「あの夢」を全く見なくなった今は、長年のストレスからすっかり解放された証拠なのでしょうね。


ストレスのない毎日は、心が軽く感じられます。できてしまったシミやしわは消えないけれど、心が軽やかだとそんなこともあまり気になりません

年齢相応の衰えはあっても、健やかな心と体があれば、それで充分に幸せです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル