ホームドラマレビュー ≫ 桐谷美玲ちゃんが町田啓太くんと初キス!?「スミカスミレ」第4話レビューを周回遅れでお届け♪

桐谷美玲ちゃんが町田啓太くんと初キス!?「スミカスミレ」第4話レビューを周回遅れでお届け♪


entry_img_343.jpg


週末の夜、いかがお過ごしですか?

私は、昨日から一歩も外に出ず、お仕事とガッツリ四つに組んでおりました。一睡もできないまま、すでに37時間経過!老体にはいささか過酷です。

3月は毎年必ずこういう状況になるので覚悟はできていますが、ところどころでエネルギー補給しながらじゃないと身が持ちません。

私のエネルギー源と言えば、上質のドラマの視聴

昨夜の「スミカスミレ~45歳若返った女」もシッカリ観ました。

ゆうべの放送は第5話だったわけですが、このタイミングで今からやっと先週放送済みの第4話の感想を書こうとしている私。

周回遅れもいいところですね。

今ごろ書く意味あるの?とも思いますが、物事は順を追って進めたい性分なので、まずは第4話からレビュー行きます!

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ  24

スポンサーリンク

スミカスミレのこれまでのレビュー記事もどうぞ

スミカスミレ~女性は何歳になっても夢を見る
及川光博、町田啓太、竹内涼真、イケメントリブル!
すみれが可愛い、真白がイケメン、黎が妖艶♪
バレンタインデーは浴衣とコタツがトレンド
スミカスミレ第3話~遊園地デートで胸キュンの告白

第4話のあらすじ

では、第4話のあらすじをちょっと急ぎ足でまとめます。

前回の遊園地デートで、如月すみれ(桐谷美玲)は、憧れの真白勇征(町田啓太)から、「大事にするんで、俺とつき合ってください」と告白されました。

こうして始まったすみれと真白の交際。第4話はそんな2人の初々しい様子を中心に展開します。

20歳のすみれはもちろんのこと、中の人の澄(松坂慶子)にとっても、65年の人生で初めて男の人とつき合うことになったわけです。

そりゃもう、何もかもがドキドキ、ワクワクの連続♪

何気ない会話も、ふとした瞬間に交わす視線も、携帯越しの通話やメールも、その全てがときめきと幸福に満ち溢れていました。

初めての携帯。初めてのアルバイト。そして、初めてのキス。

次から次へと初めてのことにチャレンジするすみれを見て、「何かを急がれているように感じる」と、化け猫の黎(及川光博)は心配します。

そんな黎に、「いつかこのままではいられなくなる日が来るかも知れない。だからこそ、自分なりの覚悟を決めたい!そうでなくては、くじけてしまいそうだから」と、すみれは告げるのです。

ある日、すみれは真白から「子犬が生まれたから見に来ない?」と誘われます。

真白の自宅の豪邸ぶりに少々たじろぎながらも、真白とともに犬の親子のいる蔵の中へ入るすみれ。

その蔵で、すみれが「ある言葉」を口にした瞬間、片隅に立て掛けられた屏風から白い和装の女性が出現!!

だ、だれ?


2016030505.jpg

笑いも涙もときめきも…

今回も実に盛り沢山の内容で、至福のときを堪能しました。メリハリがあってテンポが良くて、最初から最後まで惹きこまれたまま、1時間なんて「アッ!」という間。

化け猫退治をしようと勇んでやって来た天楽寺の早雲住職(小日向文世)が、黎に「ニャンコ言葉」の妖術をかけられたシーンでは思わず失笑。

すみれと幼なじみの女性が再会するシーンは、こちらももらい泣き。

真白とすみれの2人のシーンは、つき合い始めの初々しさがよく出ていて、見ていて温かい気持ちになりました。

人間は加齢とともに穏やかになると言いますが、それは同時に心の柔軟性を失い、反応が悪くなることでもある気がするのです。

だから、たとえひとときだけでも、笑ったり、泣いたり、ドキドキときめいたり、あらゆる感情をかき立てられることは必要だと思います。

質の良いドラマを観たあとは、起伏がすり減って硬くなった心が、ふんわり柔らかさを取り戻し、しっとり潤うのを実感できます。

前回までは、早雲住職の存在が不気味でした。でも、事実を正直に打ち明けたことで理解を示してくれて、今後は心強い味方になりそうなのでひと安心です。

ただ、本来は65歳の澄が20歳のすみれに姿を変えて生きることは、森羅万象の理から外れていると言った住職の言葉は、すみれの心にトゲのように引っかかります。

この言葉が、来週以降のすみれの言動に何らかの影響を及ぼすのかも知れませんね。

2016030506.jpg


相変わらず胸キュン度は満点!

そして、何と言っても夜の公園シーン。

あそこでキュン死した女性は、全国で一体どのくらいいたでしょうか。

私、もう逃げませんから。真白くんのこと、ほかの誰よりもちゃんと好きですから」と、まっすぐに想いを告げるすみれ。

そんなすみれを愛しげに見つめる真白。

すみれを優しく抱きしめて「す・み・れ」と囁く真白の声にとろけながら、「私もすみれに改名した~い」と、本気で思った人がさぞかし大勢いたことと思います。

そういえば、スミカスミレ公式Twitterによると、町田啓太くんが、芝居の中で「すみれ」の呼び方をどんな感じで言うか、かなり考え抜いてくれたとのこと。

そして、いざ撮影の現場では、町田啓太くんの「イケメンすみれ呼び」にプロデューサー陣も萌えまくりだったそうです。

さすが完璧王道イケメンの町田啓太くん!視聴者のみならず、現場陣営の方々にも萌えビーム発射してるんですね^^

好きなものはゆっくり食べたい

第4話まで終了して、次回はすでに物語の後半戦に突入。早いなぁ、もうそんな?

この「スミカスミレ~45歳若返った女」が2016年冬クールのドラマでありながら1月にスタートできなかったのは、サッカーAFC U-23選手権の生中継が組まれていたためです。

同じクールの新ドラマが続々と始まる中、町田啓太くん出演のこのドラマが2月までお預けなのは、待ち遠しくてじれったいと思っていました。

その半面、他のドラマが中だるみし始める頃に、じっくりスタートするのは、楽しみが増幅するようで嬉しくもあったのです。

唐突ですが、あなたは大好きなものは先に食べるタイプですか?それとも最後まで残して置くタイプですか?

私はだんぜん後者!

大好きなものを口に入れた瞬間の幸福感。それを想像してワクワクしながら、じわじわと食事をすすめる時間がいいんです。

「最大のお楽しみはのちほど♪」と、お預けをくらうもどかしさが好き!←これ、完全にM気質ですよね?(笑)

ところが、待ちに待ったその瞬間が訪れると、食べてしまうのが惜しいような、食べればなくなるから哀しいような、奇妙な気分が押し寄せます。

今、ちょうど似たような心持ちなのです。

放送開始をあんなにも待ち遠しく思っていたけれど、いざ始まってみると怒涛の展開でアッという間に折り返し。

次はどうなるのか早く観たい気満々だけど、いつまでも終わらないで欲しいから、次の放送はずっと先でも構わない…そんなジレンマに陥っている私です。

スミカスミレのマスコット

ドラマ本編からはちょっと外れますが、このスミカスミレには、番組のマスコットキャラクターのレオンくんという猫ちゃんがいます。

番組公式サイトのメニューのひとつ「現場散歩」という動画で、キャストの面々と共演中です。お時間ある方は、ぜひのぞいてみてくださいね。↓↓

「スミカスミレ~45歳若返った女」公式サイト

ここで得意のトリビア発動!

実はこのレオンくん、美人女優の知英さんの猫ちゃんなんです♪

スミカスミレの応援に登場する前から、すでに超有名でYouTubeでも大人気!

先ごろはこんな可愛い写真集まで出してるんですよ↓↓クリックしてキュート過ぎるお顔を見てあげてくださいね。



スポンサーリンク

関連記事

コメント

まきまきさんへ

まきまきさん

コメントありがとうございます^^

町田啓太くんに魂を持って行かれましたか?(*^^*)
お気持ち、ものすご~くよくわかります!
素晴らしい俳優さんですものね。

スミカスミレ、本当に素敵なドラマだと思います。
残りの回数の方が少ないなんて、今からすでに寂しくなりますね。

私も、まきまきさんと一緒に町田啓太くんを応援させていただきます♪
また、ブログに遊びに来てくださいね。

花音

花音(かのん) | 2016.03.14 01:57 | URL


初めまして♪

『スミカスミレ』のドラマにど嵌りし、真白くん演じる町田くんに完全に魂を持って行かれ(笑)毎回抜け殻になりながらも、偶然こちらにたどり着き、爆笑 時にはニヤニヤしながら楽しく読ませて頂いております♪
このドラマもあっという間、残り数回になりましたね…。
真白くん演じる町田くんのイケメン&爽やか爆弾の破壊力が毎回ハンパなくて本当ツライツライ(苦笑)…_| ̄|○
今からドラマが終わってしまうのがとても寂しいですが、これからもブログ楽しみにしております(*^^*)♡



まきまき | 2016.03.13 18:52 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル