ホーム50代おひとりさまトリビア ≫ 節分といえば豆まきと恵方巻きがメジャーだけど柊鰯(ひらぎいわし)という関西特有の風習も

節分といえば豆まきと恵方巻きがメジャーだけど柊鰯(ひらぎいわし)という関西特有の風習も


entry_img_327.jpg


本日は節分ですね。

今頃、ご家族で豆まきをして、夕食に恵方巻きを召し上がっているお宅も多いことでしょう。

そういえば、夕方ちょっと用事があって友人の家に行ったら、友人の孫にいきなり「節分の豆」をぶつけられました!

「私は鬼じゃないっちゅうねん!」

豆があたったおデコが地味に痛かったです(笑)

まっ、そんなアクシデントはさておき、今日は節分の話題を書いてみますね。

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ  24

スポンサーリンク


節分の由来

本来、節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬」それぞれの前日のことをさします。つまり節分は年に4回あるわけです。

ところが、旧暦では立春を新しい年の始まりととらえていたため、立春の前日の節分は大晦日にあたるとても大切な日でした。そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分といえばこの日をさすようになったというわけです。

昔から、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気祓い行事が行われてきました。今では節分につきものの豆まきも、邪気祓い行事のひとつだったのです。

豆まきの由来と作法

それでは、節分の豆まきについて少し掘り下げてみましょう。

豆まきは、「鬼は外、福は内」のかけ声とともに鬼を追い払うという習わしですね。これは、鬼というのは邪気や厄災の象徴とされ、災害や病気などの悪い出来事は鬼の仕業と古くから考えられてきたからなのです。

そして、豆まきに煎った大豆が使われるのは、大豆には穀霊(穀物の精霊)が宿るといわれており、「煎る」ことが「鬼の目を射る」に通じるためと言われています。それで、鬼を豆で「摩滅」させ福をもたらす煎り大豆のことを「福豆」と呼ぶのです。

さらに豆で鬼(諸悪)を追い払ったあとは、1年間無病息災で過ごせるように、年の数だけ福豆を食べるという風習も今に伝わっていますね。

そうそう、節分の豆まきは夜に行うべきだそうですよ。なぜなら、邪悪な鬼は夜に出没するからとのこと。なるほど!

とここまで書いて来ておきながら何ですが、私が節分に豆まきをすることはありません。

だって、ひとり暮らしの五十路女が「鬼は外、福は内」と声張り上げて豆まきをする図は、ある意味で鬼より怖い(笑)

恵方巻の歴史と食べ方


2016020301.jpg

豆まきはしませんけど、恵方巻きは食べます。でも、フルサイズの太巻きを1本丸かぶりはキツイので、もっぱらハーフサイズです。

そういえば、昔から「恵方巻き」ってありましたっけ?

私が子供の頃は「節分の巻きずし」と、そのまんまの呼び名だった気がします。じゃ、いつから呼び方が「恵方巻き」になったのかしら?

ちょっと調べてみたら、巻きずし自体は1989年の節分シーズンに広島のセブンイレブンが販売をスタートして、1995年には関西以西に販売拡大され、その後1998年に全国展開されるようになったみたいですね。

「恵方巻き」という名称は、1998年(平成10年)の全国発売にあたり、セブンイレブンの商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」とネーミングしたことから広まったとされています。

今ではすっかり定着した「恵方巻き」という名前。やるなぁ、セブンイレブン!


きっと誰でも知っていることでしょうが、一応、恵方巻きの食べ方を記しておきましょう。

◎「縁を切らない」という意味合いを込めて、包丁を入れずに丸かぶりするのが原則。

◎「七福神」にあやかって、7種類の具材が入っているのが理想的らしいです。

◎その年の恵方を向いて、願い事をしながら、最後まで黙って食べること。ちなみに2016年の恵方は「南南東」です。
(追記:2017年の恵方は、「北北西」です。)

いわしとヒイラギの魔除け

節分の行事としては、「豆まき」と「恵方巻き」がメジャーですが、関西では鰯(いわし)の頭を柊(ヒイラギ)の小枝に刺した「柊鰯(ひいらぎいわし)」を玄関先に飾り付けるという風習がありました。

昔はわが家でもやっていましたし、今でも古い街並みを歩くとチョイチョイ見かけます。

由来は、ヒイラギの葉の棘で鬼の目を突き刺し、焼き焦がしたいわしの頭の強烈な匂いと煙で鬼を遠ざけるためだそうです。

鰯の頭も信心から」ということわざは、この節分行事から生まれたとも言われています。

転勤で行った先の土地では、まったくお目にかかりませんでしたから、この風習は関西だけのものかも知れませんね。

関西特有の記事ならこちらもどうぞ↓

奈良若草山の山焼きと冬の花火

関西と関東の言葉の違い

関西では有名な「えべっさん」


ちなみにわが家では、この風習は撤廃しています(笑)だって、臭いんだもん。

あっ、でも、西日本では節分に鰯を食べるという習慣もあるんです。きっと柊鰯から派生したんでしょうね。

実は私、たまたま本日の昼食のおかずに「鰯の生姜煮」を食べました。

全然意識していなかったので単なる偶然です。

でも、鰯はDHAやカルシウムなど体に良い栄養成分が豊富なので、完全なる後付ですが「無病息災」を願って食べたことにしておきます!

本日、豆をまいた方もまかなかった方も、恵方巻きを食べた方も食べなかった方も、立春からの1年をどうぞ健やかにお過ごしください。では、また

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル