ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 今年はもっと自分の心に素直に生きる!わがままでもズボラでも私は私と開き直る勇気

今年はもっと自分の心に素直に生きる!わがままでもズボラでも私は私と開き直る勇気


entry_img_310.jpg



1月7日は七草がゆをいただく日でしたが、皆さんは召し上がりましたか?


私ですか?それがね、食べなかったんですよ。


どうしてだと思いますか?

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ  24

スポンサーリンク


七草がゆ、パスしました


答えは、寝坊!(笑)


去年までは毎年きちんと七草を揃えて、ていねいに生米からおかゆを炊いて、「家族みんなが、一年間を健康で過ごせますように」って思いながら、ありがた~くおかゆをいただいていたんですよ。


でもね、きのうは起きたらすでに9時ちょっと前。


あっ、一応書いておくと、いつもそんな時間に起きてるわけじゃないんですよ。たまたまです、たまたま^_^;


とにかく、目覚めて時計見た途端、すっかり萎えました。


七草がゆは朝にいただくものだし、今からじゃ昼近くなるし、「もう、いいや~」ってリタイアです!


生協の個配で買っておいた「七草セット」は、浅漬けにでもして食べます。


わがままでズボラで間抜け



実は私、しっかりもっちりした炊きたてご飯が大好きで、ネバっと柔らかいおかゆが苦手。


それなのに、「風習だから」とか「お決まりの年中行事だから」と思って、長いこときちんと作り続けてきたんですよね。


でも、本当の私は超めんどくさがりです。


とにかく、めんどくさいのが嫌いです。そして、ほかにも嫌いなものがいっぱいあって、「あれもやだ、これもやだ」と子ども並みにわがままな自分を隠しています。


わがままで、ズボラ、しかも間抜け


これが私の本性です。


でもね、そんな自分でもいいかなと、最近は思い始めています。


自分にとってめんどくさいことは、無理してやらないことにする、その手始めに七草がゆをパスしました(笑)


これからも、内心「めんどくさいなぁ」って思っていることは、極力やめる方向で行くことにします。

めんどくさいにも色々あるけれど



この世の中で、何が最もめんどくさいかと考えたら、やっぱり「こじれること」なんじゃないかと思います。


こじれるとめんどくさいものって、色々ありますよね。


たとえば病気


こじれて重症化したり、入院やら手術やらになるのがめんどくさい!


だから私は、周りから「気にし過ぎ」とか、「医者好き・薬好き」と笑われても、早め早めに予防します。


続いては、掃除や片付け


こじれて手がつけられないほど散らかったり、1年間こじらせた汚れを年末の大掃除で一気に片付けようとすると、めんどくさいこと極まりない!


だから私は、普段からマメに掃除&片付けをして、「散らかさない」「汚さない」を徹底しています!


めんどくさがりなんだけど、スッキリきれいに片付いている環境は大好きなので、めんどくささがMAXになるのを避けるために細々動く、これはめんどくさいうちに入らないんです(笑)


私の掃除の仕方の記事はこちら→「年末の大掃除はしません」


そして何と言っても、人間関係


こじれたら最後、これほどめんどくさいものはありませんよね。


私は上手な修復の仕方も知らないし、気が弱いからウジウジ悩むし、サラッと受け流せない性格なので、こじれた人間関係の渦中に放り込まれたら、きっと面倒死(新造語、笑)するはず!


だからこれまで、こじれないように相手に気を遣い、こじらせないためなら自分が我慢することも厭わずにきました。


そんなんだから、元夫とのめんどくさい関係も上手く対処できずに心を壊してしまったんだろうなぁと、今ならわかります。

なにごともシンプルなのがいちばん!→「おひとりさまにおすすめのシンプルライフ」

素顔や本音を晒す勇気


「めんどくさいから、やーめた!」と放棄したり、「嫌いだから嫌い!」と本音を出したりすることって、勇気のいることです。


でも、「わがままだなぁ」「だらしないなぁ」って思われても、自分自身が楽でいられるのなら、本当の顔を晒す勇気を持つべきだと思います。


自分の心のままに生きる勇気。


みっともない素顔や本性を晒す勇気。


どんな私でも、変わらず好きでいてくれる人は、何を置いても大切にする覚悟。


2016年は、勇気と覚悟の年ってことに、今決めました。


オマケのつぶやき


というわけで、素顔の私はめんどくさがりで、ズボラでノロマで間抜けで、かなりダメダメです。


すでに1月8日だというのに、アイキャッチに七草の画像をあげるあたり、間抜けな本性を晒してしまいました。


こんな私ですが、ブログともどもこれからもどうぞよろしくお願いします。


いつも読みに来てくださるあなた


あなたのことは、めんどくさくないです大切にさせてください

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル