ホームドラマレビュー ≫ あっという間に年越しカウントダウン!2016年お正月スペシャルドラマ9選まとめ

あっという間に年越しカウントダウン!2016年お正月スペシャルドラマ9選まとめ


entry_img_305.jpg

(もうすぐ羊さんからおサルさんの年)


いよいよ2015年の未年も、残すところ今日を含めてあと2日。

きっと瞬く間に、年越しのカウントダウンが聞こえてくるんでしょうね^^

おひとりさま的なお正月のお楽しみは、何と言ってもエンターテイメント三昧

というわけで、今夜はお正月の単発スペシャルドラマの一覧をお届けします。

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク


2016年1月および2月スタートの冬ドラマ一覧はこちらから→「2016年冬ドラマ一覧」

2016年1月1日(金曜日)21:00~


相棒14 元旦スペシャル


◎テレビ朝日
◎出演者:水谷豊/反町隆史/六角精児/鈴木杏樹
◎ゲスト:古谷一行/内山理名/西村和彦/木村佳乃ほか


【STORY】

官房長官の音越栄徳(西村和彦)と官房副長官になった片山雛子(木村佳乃)による、新会派結成と総裁選出馬宣言の記者会見場で爆破事件が発生。この緊急事態の中で、極左グループの元幹部・本多(古谷一行)の情報が気になった杉下右京(水谷豊)は、本多が娘の茉莉(内山理名)と共に余生をおくっていた富山へと向かいます。

杉下右京、片山雛子、本多篤人、という因縁の3人が信念を懸けた最後の戦いが、豪華客船を舞台にして繰り広げられる!!


2016年1月1日(金曜日)23時15分~


孤独のグルメお正月スペシャル 真冬の北海道・旭川出張編


◎テレビ東京
◎主演:松重豊
◎ゲスト:床嶋佳子/本田博太郎/森崎博之 ほか


【STORY】

2016年元日放送の舞台は、井之頭五郎(松重豊)の出張先、北海道の旭川。食の宝庫の北海道で、五郎さんは何を食べるんでしょうね。番組史上、もっとも寒くて、そしてもっとも温まる、そんなスペシャル放送をお楽しみに♪

※ただし、残念ながら放送されないエリアもあります。私の住む関西でも、放送されないらしいです。通常放送はされていたのに、なんでなのぉ~!?(T_T)

2016年1月2日(土曜日)21時~


新春スペシャルドラマ 富士ファミリー


◎NHK総合
◎脚本:木皿泉(作品歴/すいか・野ブタ。をプロデュース・Q10など)
◎出演者:薬師丸ひろ子/小泉今日子/ミムラ/吉岡秀隆/片桐はいり/高橋克実 ほか


さすが新春ドラマ。パッと見ておわかりの通りの豪華キャスト♪しかも、NHKドラマに縁のある方が何げに多いですね(笑)

【STORY】

物語の舞台は、富士山のふもとにある小さなコンビニ『富士ファミリー』

その店には、近所でも評判の美人三姉妹がいました。一家の大黒柱は、長女の鷹子(薬師丸ひろ子)、そして店を切り盛りするのは、自由奔放ながらも、すでに病死した次女ナスミ(小泉今日子)の夫・日出男(吉岡秀隆)、さらに三女の月美(ミムラ)は、面倒な店の経営から逃げるため、高校時代からの彼氏とさっさと結婚という状況。

そんな富士ファミリーに年の瀬せまったある日、死んだはずのナスミが現れたから、さぁ大変!ナスミの文字で書かれた不思議なメモをきっかけに、てんやわんやの騒動が巻き起こります。そうそう、びっくり仰天の「大物ゲスト」も登場する予定だそうですよ。


2016年1月2日(土曜日)21時~


新春時代劇 信長燃ゆ


◎テレビ東京
◎原作:安部龍太郎『信長燃ゆ』
◎脚本:塩田千種
◎出演者:東山紀之/栗山千秋/寺尾聡/石丸幹二/佐藤隆太/早乙女太一/高岡早紀 ほか 


【STORY】

戦国時代の覇王と言われた織田信長(東山紀之)が、非業の最期を遂げた「本能寺の変」は、未だベールに包まれた謎多き事件です。その本能寺の変の真相に、これまでの多くの説とは全く違った視点から迫ったのが、この「信長燃ゆ」のストーリーの根幹になっています。

上洛を果たし、さらに敵対勢力を次々となぎ倒す信長。その信長に近づく朝廷の要人・近衛前久(寺尾聡)は、信長の野望が単なる天下統一に留まらず、「日本国の王」となり、スペインやポルトガルに並ぶことと知るや、信長謀殺に暗躍します。どうやらこの人が、本能寺の変の黒幕っぽいですね。

一方で、誠仁親王の妻である勧修寺晴子(栗山千明)と信長の「道ならぬ恋」も絡んでくるようで、これまでにない織田信長ストーリーの展開が楽しみですね。


2016年1月2日(土曜日)深夜1時10分~


夏目家 どろぼう綺談


◎テレビ朝日
◎脚本:東山泰子 (第14回テレビ朝日新人シナリオ大賞受賞者)
◎主演:桐谷健太
◎出演者:西井幸人/西村元貴/松田賢二 ほか


朝日放送が募集した「21世紀新人シナリオ大賞」のドラマ化♪

【STORY】

まだ文壇デビューする前の文豪・夏目漱石と、ひょんなことから夏目家の下働きをすることになったどろぼう(未遂)ロクとの物語。夏目漱石に扮するのは、ただいまauのCMで浦島太郎として魅惑の歌声を披露中の桐谷健太さん♪

出演者インタビューの桐谷さんのコメントが、とても面白かったのでシェアしちゃいますね。

桐谷「実は、ウチのオトンもヒゲを生やしていて、ずーっと、お前の父ちゃん、千円札に似てるわーと、友人たちから言われ続けてきたので、“夏目感”には自信あるんです(笑)」(出典:テレビ朝日 ドラマ紹介ページ「夏目家 どろぼう綺談」より)

※このドラマも、当地関西では放送予定がないみたいです。こいつぁ~春から残念無念(-_-;)

2016年1月3日(日曜日)21時~


科捜研の女 正月スペシャル


◎テレビ朝日
◎出演者:沢口靖子/内藤剛志/石井一彰/池上季実子/若村麻由美/金田明夫 ほか 
◎ゲスト:平泉成/小沢真珠/石垣佑磨 ほか


【STORY】

おなじみの科捜研の女ですが、正月スペシャルということで、関西国際空港で大ロケーションを敢行!!

危険ドラッグが絡んだ殺人事件が発生し、榊マリコ(沢口靖子)と土門刑事(内藤剛志)は犯人を追って関空へ!そこに現れたのは、麻薬密売ルート摘発を狙う組対三課の落合刑事(池上季実子)と警察犬。

何となく、関空でワチャワチャになる予感がしますね(笑)


そういえば、予告の中ですごく気になっているのが、麻薬探知犬ならぬ「麻薬探知蜂が大活躍」という一節。

蜂って虫の蜂なの?ブーンって飛んで、チクッって刺すあの蜂?まぁ、いいや!お正月3日にはどんな蜂か判明すると思うので、とりあえず放送を楽しみに待ちましょう(*^^*)


2016年1月3日(日曜日)19時半~


正月時代劇 吉原裏同心~新春吉原の大火


◎NHK総合
◎出演:小出恵介/貫地谷しほり/野々すみ花/山内圭哉/三宅弘城/近藤正臣 ほか 
◎ゲスト:安達祐実/麻生祐未/本多披露太郎/モロ師岡/山田純大 ほか


【STORY】

主人公・神守幹次郎(小出恵介)とその妻・汀女(貫地谷しほり)が、吉原の地で三度目の正月を迎えている頃、前代未聞の失踪事件が起きます。

それは、吉原三千人の遊女の頂点に立つ薄墨太夫(野々すみ花)と人気を二分していた香瀬川太夫(安達祐実)が、花魁道中の直後に姿を消したというもの。さらにわずか一か月前にも、遊女・市川(朝倉あき)も失踪していたことが判明します。

これは計画的な足抜きなのか?唯一の出入り口である「大門」を、どうやって抜け出たのか?深まる謎を追う幹次郎が、やっと女たちの所在を突き止めたその時…!

私、この「吉原裏同心」のシリーズが好きなんですよね。ハラハラするサスペンス要素もありながら、胸に迫る切ないエピソードも盛り沢山!初のスペシャル仕立ての正月版が今から楽しみ~。

あっ、お気づきになりましたか?そうなんですよ、キャスト陣には、毎朝おなじみの顔ぶれがいっぱい揃っているんです(*^^*)そのあたりも楽しみのひとつですね。


2016年1月3日(日曜日)21時~


新春ドラマスペシャル 「坊っちゃん」


◎フジテレビ
◎原作:夏目漱石『坊っちゃん』
◎脚本:橋部敦子(作品歴/フリーター、家を買う。遅咲きのヒマワリ、僕がいた時間 ほか)
◎出演:二宮和也/松下奈緒/古田新太/八嶋智人/山本耕史/及川光博/又吉直樹/浅野ゆう子/佐藤浩市/小林薫/宮本信子 ほか


【STORY】

「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」という超有名な書き出しで始まる「坊っちゃん」は、言わずと知れた文豪・夏目漱石の代表作。

この名作をベースにして、漱石の没後100年にあたる2016年の新春を飾るドラマが制作されました。主演は嵐の二宮和也、さらに宮本信子、佐藤浩市、小林薫、浅野ゆう子、又吉直樹と、「坊っちゃん」ドラマ史上、最高に豪華な顔ぶれと評判の今作。

直情型で正義感にあふれた型破りな江戸っ子・坊っちゃんが、教師として赴任した四国松山の旧制中学校で大暴れする、笑いと涙の痛快&爽快ストーリー♪

個人的に絶賛注目中のまっちー、あっ!間違えた(わざと間違えてみた、笑)ミッチーこと及川光博さんも教頭役で出演します。

独白:ミッチーったら、猫さん演る前に先生を演ってたのね~(わかる人にだけわかるつぶやきでゴメン

2016年1月4日(月曜日)21時~


女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘


◎フジテレビ
◎原作:湊かなえ/『ムーンストーン』、三浦しをん/『炎』、角田光代/『平凡』
◎脚本:山室有紀子・深川栄洋/加藤綾子/瀬々敬久
◎出演:第一話「ムーンストーン」永作博美/檀れい/柄本明/三浦友和、第二話「炎」土屋太鳳/門脇麦/村上虹郎/柄本佑、第三話「平凡」鈴木京香/寺島しのぶ/染谷将太/寺脇康文


【STORY】

第一話『ムーンストーン』

ヒロインの私(永作博美)は、市議会議員の妻。あることをきっかけにDVを振るうようになった夫から、娘を守ろうとしたはずみに夫(滝藤賢一)を殺してしまいます。

逮捕され取り調べを受けるヒロイン、そこへ現れた女性(檀れい)の正体は?

物語はヒロインの中学生時代の回想とシンクロしながら進展して行き、最後には驚愕の事実が待ち受けています。

第二話『炎』

高校生の香川亜利沙(土屋太鳳)の憧れの先輩・立木尚吾(村上虹郎)は、ある日突然、学校のテニスコートで焼身自殺をしてしまいます。

一瞬の出来事に衝撃を受ける亜利沙ですが、立木の元カノ・楢崎初音(門脇麦)とともに自殺の原因を探り始めることを決意。

果たして、立木の死の真相はいかに?

芸達者の柄本佑さんが、先生役で登場するのも見どころです。

第三話『平凡』

スーパーでパートをしている主婦の宮本紀美子(鈴木京香)には子供はおらず、結婚生活20年を越えた今となっては、もはや夫との間に子作りの話題は出なくなっていました。

一方、紀美子の学生時代の同級生・榎本春花(寺島しのぶ)は、人気料理研究家としてテレビに出ない日はないほどの有名人。

そんな春花の活躍を見るにつけ、自分が地味で不幸に思えてしまう紀美子でしたが、春花と接すれば自分も退屈な毎日から脱却できると考え連絡を取ります。

しばらく返信がなかったものの、ある日突然、春花の方から「会いたい」というメッセージが入りました。

20年以上ぶりに再会を果たし、しばし思い出話で盛り上がったあと、春花がいきなり「私、人を殺したかも」とつぶやくのです。

3話のうちで唯一、原作を読んでいたのがこの「平凡」でした。原作をひとことで紹介するなら、人生を「たられば」で振り返るお話です。

****************

拾いきれていない作品情報もあるかと思いますが、どうぞご容赦ください。(追加で情報を得た場合、放送日時に間に合えば随時追記いたします)

皆さんは大掃除やおせち料理の用意など、新たな年を迎える準備は、すでにお済みでしょうか?

どうぞお風邪など引かれないように気をつけていてください。そして、まったりと過ごすお正月のお供に、このページのドラマ情報が少しでもお役に立てたら嬉しいです(*^^*)

穏やか・和やか・健やかな、良き新年が訪れますように

スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: こんばんは

あんずさん

こんばんは^^いつものことながらお返事遅くてごめんなさい。


あんずさんとこうしてやりとりできるようになれたのは、このブログのお陰なので、これからもマイペースでがんばります♪来年も変わらず、読みに来てください。

今年もあと数時間になりました。どうぞ良いお年をお迎えください。

花音(かのん) | 2015.12.31 17:28 | URL


こんばんは

花音さん、こんばんは。
いつも情報をありがとうございます。
去年に続き、年末年始に仕事を休める有り難さを味わっています。

今年は花音さんに出会えて嬉しかったです。
良いお年をお迎えくださいね。
また、来年もよろしくお願いします。

あんず | 2015.12.31 00:24 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル