ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 離婚の決断さえ占いに委ねる女性。話題の動物占いより50代おひとりさまがおすすめの星占いとは?

離婚の決断さえ占いに委ねる女性。話題の動物占いより50代おひとりさまがおすすめの星占いとは?


entry_img_292.jpg


女性って、占い好きですよね。

「朝の情報番組の占いコーナーは、欠かさずに見る」とか、「雑誌を買ったら、先ず最初に占いページを確認」とか、そういう人はけっこう多いと思います。

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク

動物占いが話題をさらった理由


一口に占いと言っても、実にたくさんの種類があります。

星占い手相占い血液型占い四柱推命タロット占い姓名判断など、パッと思いつくだけでもこんなに!


そんな数ある占いの中でも、一昨日からにわかに注目されているのがコレ↓↓


動物占い


昨日の朝目覚めて、何気なくSNSを見たら、TLが動物占いの話題で持ちきりでした。

注目のあまり公式HPにアクセスが集中して、一時ダウンしたなんて話も流れていてビックリ!

以前から存在した動物占いが、いきなり再注目を浴びたのは、マツコ・デラックス&関ジャニ村上くんのバラエティ番組「月曜から夜ふかし」の中で、動物占いが取り上げられたことが理由だったみたいです。

番組内でマツコさんや村上くんが絶賛したので、観ていた人が一斉にアクセスして、「すごく当たる!」と、アチコチで大評判に!

人気テレビ番組の影響って、即効性ありますからね。

私が占い嫌いな理由


と、占いの話題を書いておきながら、実は私、女性には珍しく占いが苦手なんです。

朝のテレビで占いが流れていても全く気にしないし、雑誌などの占いページも読みません。

どうして苦手かというと、同じ血液型や干支の人は数え切れないほどいるのに、性格や運命をひとくくりにされるのが信じがたいんです。

例えば、私は卯年なのですが、同じ卯年生まれの人全員が同じ性格と運勢だったなら、とてもややこしいことになる上に、周りが自分みたいな人だらけでは、面白みが全くありません。

それに、性格はともかくとして、運勢や運命まで、見ず知らずの人に決めつけられたくない!という思いもあります。

離婚の前後に占いにハマる心理


離婚しようかどうしようかと悩んでいる人の中にも、最終的な結論を占いに委ねる人が少なくないようです。

これは知人の親戚の女性の話ですが、離婚問題が泥沼化したときに、いかにも怪しげな占い師に大金を注ぎ込んでしまいました。その人は、結局そのあと離婚したのですが、今もなお経済的に困窮しているそうです。

直接の知り合いではないので、詳しいことはわかりませんが、占いに使う大金があるなら、離婚後の生活のために貯めておくべきでしたよね。

でも、気持ちはわからないわけではありません。

遅々として進まない離婚話の最中って、悶々と悩むので、正しい判断力を見失うこともあるんだろうなあと思います。

ただ、同じ状況でも、占いに走らない人もたくさんいるわけです。占いにハマる、ハマらないの違いは、どこからきているんでしょうか?

まずひとつは、元々、占いが好きかどうかの差でしょう。

占い好きな人は、日常的に占いを参考にしたり、占いを生活に取り入れたりしています。だから、ふだん以上に難しい問題が持ち上がったとしたら、なおさら占いに傾倒するのかも知れません。

そして、もうひとつ。

他人に依存しやすい人も、占いにハマる確率が高そうですよね。

依存心の強い人は、裏返せば人のいうことをすぐに信じてしまうピュアで素直な人とも言えます。だからこそ、そういう人は、タチの悪い占い師のいいカモにされてしまいがちなのでしょう。

結局、自分の生き方を決定するのは自分自身という記事→「どんな人生を生きるかは二択しかない」

動物占いより、この星占いがおすすめ


せっかくなので、話のネタに、私も動物占いを試してみました。

その感想はと言うと、巷で騒がれているほど、「すご~い!」という感動はないかな。

まぁ、当たってるような気もするけれど、全く思い当たらない箇所もありました。

私は、運勢判断的な占いは、それを自分の生活にどう活かせばいいのか戸惑いますし、動物占いのように自分の性格判断的な占いも、それを知ったところで自分をどう変えればいいのかわかりません。

要するに、占いをどう活用すればいいのかがわかっていないから、興味も持てないし、好きにもなれない。

ただ、そんな私が、唯一おすすめできる占いがあります。

それは、石井ゆかりさんの星占いです。

この人の占いは今や大人気なので、Webだけでなく雑誌や単行本など、あらゆるメディアで見かけます。

だから、すでにご存知の方、あるいは何らかの媒体で活用している方もいらっしゃるかも知れませんね。


占い嫌いの私が、この人の占いだけは受け入れられる、その理由は…

「言葉」の選び方、そしてメッセージの伝え方が、優しさと明るさに満ちているからです。

私の場合は、twitterで石井ゆかりさんをフォローしているので、1日1回タイムラインに占いメッセージが流れてきます。


石井ゆかりさんの占いメッセージは、「今日のあなたは、ついていません」とか、「蟹座の運勢は第3位です」とか、「午後からは赤い物を身につけましょう」とか、そんなよくある決めつけ型のメッセージとは全く別物です。

それは、こちらの心模様次第でどうとでも受け取れるような、意味深かつ魅力的な言葉や文節に彩られたメッセージと言えます。

ウッカリすると見落としそうなほどの短くてさりげない言葉なのに、不思議なほどに元気をもらえるんです。


私は、あくまでも占いは好きじゃありません。自分の人生の一大事を占いに委ねることに、賛成もできません。

でも…

悩み疲れて、もう1歩も前に足を踏み出せないとき。

暗闇の中で、出口の方向さえわからずに迷ったとき。

そんなとき、明るい兆しを感じさせてくれたり、そっと背中を押してくれたりする、星々の小さなつぶやきを受け取るのは、とてもいいことだと思います。

穏やかで優しい言葉ばかりで綴られた、まるで星の物語を読んでいるような気分にしてくれる、石井ゆかりさんの星占い。

おすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: こんばんは

あんずさんへ

いつもありがとうございます♪

>スマホに変えたら使わせていただきますね。

承知しました。よろしくお願いします(*^_^*)

> 占いにはずいぶんはまってしまった時期がありました。占いというか、それを含めたスピリチュアルってものです。

こういう方は、きっとたくさんいらっしゃると思います。占いが心のよりどころになるのでしょうね。

> 石井ゆかりさんは私も好きです。
> あの言葉はどこから湧いてくるのかしら、と思うくらい素敵ですよね。

本当にステキ♪

あんずさんのおっしゃるとおり、私も優しい心を込めながら言葉を使うように
気をつけていきたいです(*´∀`*)がんばります♪

また遊びにきてください。

花音

花音(かのん) | 2015.12.05 13:00 | URL


こんばんは

花音さん、こんばんは。
先日はお心遣いありがとうございました。せっかく、メッセージが送れるように配慮していただきましたが、私はいまだにガラケーでして…。スマホに変えたら使わせていただきますね。
なので、当分はコメントの方でおしゃべりさせてもらいます。
今回のブログもそうですが、私は花音さんに自分を振り返る機会をいただいてるようです。
占いにはずいぶんはまってしまった時期がありました。占いというか、それを含めたスピリチュアルってものです。
不倫していた彼に距離を置かれた時、事情が事情なので誰にも相談できず、胸のうちを聞いてもらう相手もなく、一番占い師さんが手っ取り早かったのかもしれません。いい答えを求めて、占いジプシーを二年くらい続けてました。けれど、あの頃の私を何とか普通に生活できるように支えてくれたのも事実なので、今となっては感謝してます。結局、占いやチャネリングは、自分の心、つまり潜在意識の反映でしかないのかもしれません。
占いジプシーから抜け出してから、離婚もできたし、彼との仲も改善されました。
占い師さんもピンキリで、現実的なアドバイスをしてくださる方もいれば、相手を依存さすように引っ張る方も多いようです。
離婚にしろ、恋愛にしろ、相談する相手を間違えると失敗しますね。私は友達からの「離婚しようか迷っている」という相談には、「離婚するかしないかは自分で決めてね。離婚するためにどうすれば良いかの道筋は経験者としてアドバイスできるけど」と答えています。相手には冷たく聞こえるようですが、自分で決めるという覚悟がないと離婚したあと、幸せだとは思えないと思うから。

すみません。話がそれたかもですが…
石井ゆかりさんは私も好きです。
あの言葉はどこから湧いてくるのかしら、と思うくらい素敵ですよね。

言葉は時に凶器になります。
けれど、言葉は相手を癒やします。そして、それ以上に、優しい言葉の奥底にある心の大切さを感じています。


私なんて、まだまだですが…

花音さん、いつもありがとう。

あんず | 2015.12.03 20:25 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル