ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 胸キュンするのはそこじゃない!50代おひとりさまのギャップ萌えは意外なところに存在した!

胸キュンするのはそこじゃない!50代おひとりさまのギャップ萌えは意外なところに存在した!


entry_img_291.jpg


外見の印象の良くない人が、外見からは想像できない面を見せたとき。

その意外性にドキッとしたり、キュンッとなったりすることを「ギャップ萌え」なんて言い方をします。

あなたは「ギャップ萌え」したことありますか?

↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク

ギャップ萌え体験例


私はつい最近、「萌える」というほどではないまでも、気持ちがとてもほっこりする体験をしました。

それは、ある大型ショッピングセンターでのできごとです。

買い物中の妊婦さんが連れていた小さな男の子が、手に持っていたお菓子を床にぶちまけてしまいました。

チョコボールみたいな丸くて小さいお菓子は、あたり一面に散らばってしまい、お母さんも男の子も大慌て

私と、もうひとりの主婦風の女性とで、いっしょに拾い始めたのですが、なかなか拾い切れません。お母さんは、大きなお腹を抱えながら、「スミマセン、スミマセン」と恐縮しきり。

そのとき、フッと見ると、金髪ロングヘアにカラコン、耳にも鼻にもピアスという、ビジュアル系ロッカーみたいな男性が、私たちといっしょに一心にお菓子を拾ってくれていたんですよ。もうビックリ!

あまりガン見はできなかったけど、相当な強面でした。

そしてほぼ拾い終わったとき、泣きじゃくっている男の子に、「はい、どうぞ」と言いながら、フリスクのような自分のタブレットケースをあげている横顔は、「見た目は怖いのに、実は優しい」のギャップ炸裂(笑)

金髪ロッカー君のお陰で、「世の中捨てたもんじゃないなぁ」と、あったかい気分にしてもらいました。

外見と内面の差が大きいほど好感度アップ


多くの場合、人は外見で相手を判断してしまいがちです。

以前、人は第一印象がすべてという内容の記事を書きました→「やっぱり人は見た目が重要」

でも、外見の印象があまり良くない人が、外見と相反する言動を見せたとき、はじめの悪い印象が一瞬で覆されることも珍しくありません。

それこそがギャップの与える効果、つまり意外性が、良い意味で人の心を揺り動かす瞬間なのです。

しかも、外見と内面の差が大きいほど、意外性もまた大きいので、好感度のアップ率が高まる気がします。

人生の伴侶を見つけたいと、「婚活中」「恋活中」の若い女性なら、自分自身も「ギャップ萌え」を狙ってみるのは、かなり効果的ではないでしょうか。

自分の中にギャップを発見して萌える


さらに次のようなギャップは、たとえ相手が単なる友人や知り合い、あるいは職場の同僚や近所の人などという間柄であったとしても、発見すればきっと嬉しく感じるはずです。

・無愛想な人の無邪気な笑顔

・いつも毒舌な人の優しい言葉

・地味な人の華やかな装い

・普段はシッカリしている人に甘えられる

・スキのない完璧主義者の天然ボケ


そして、私のような世代は、他人の中に「ギャップ」を発見するよりも、もっと胸キュン萌えポイントがあることに気づきました。

それは、自分自身の中に「ギャップ」を発見することです。

今までの自分では考えられないアクティブな趣味を極めたり、行ったことのない場所に出かけたり、読んだことのないジャンルの本を読破したり、付き合ったことのないタイプの友だちを作ったり、etc.

そうやって、これまでの自分の「殻」を破ってみることで、今までの自分と新しい自分のギャップを感じてみるのって、かなり面白そうじゃないですか?

自分の中にも、まだこんなパワーが残っていたのか!?と、自分で自分のギャップに萌えてみてください(笑)

「新たな自分発見」というタスクを加えることは、残りの人生の生き甲斐にも繋がるのではないかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル