ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 離婚のメリットは、自由な時間の獲得。会いたい人に会い、行きたい場所に行ってみよう!

離婚のメリットは、自由な時間の獲得。会いたい人に会い、行きたい場所に行ってみよう!


entry_img_288.jpg


「離婚のメリットは、何だと思いますか?」と、よく聞かれます。


その答えは、人によって違うと思うので、これから書くのは、あくまでも私の場合です。


↓クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク

離婚によって手に入れた自由な時間


私にとっての離婚のメリット。

それは、「自由な時間を手に入れた」ということです。

私の場合と断り書きをしましたが、でも、これって離婚した人の多くが同感ではないでしょうか?

結婚している女性の大半は、無意識のうちに、自分よりも配偶者や家族を優先しているはずです。

別に犠牲的精神とか、そんな大げさなことではなく、配偶者軸、家族軸で動くことが、ごく自然なのだと思います。

私も例に漏れず、そうでした。

でも、離婚してひとりで暮らすようになってみて、自分の「持ち時間」の全てを自分の自由に使えるんだと、改めて気づいたのです。

但し、「自由になったんだなぁ」と感じると同時に、自分が果たさなくてはならない大きな責任も感じていました。

それは、「息子の大学卒業までの学費を稼ぐ」という責任です。

この責任を果たすまでは、「自由に使える時間」の大半は、仕事に費やさざるをえませんでしたが、息子も来春には卒業が決まりました。

最後の学費を収めに行った帰り道、「あぁ、これが肩の荷が下りるという感覚なのか」と、しみじみ感じました。


会いたい人、行きたい場所


親としての責任を果たして、やっと本当の意味で、好きなように時間を使える身になったわけです。

どんな風に時間を使いたいか、自分なりに考えてみました。


まず、「会いたい人に会いに行きます

これまで生きてきた人生。その節目々々で、とてもお世話になった人たち。

「会いたいな~」と思っているだけでは、きっと、このまま一生会えずじまいになる気がするのです。

だから、「会いたかったなぁ」と、心残りにならないように、自分から足を運ぼうと思います。

数十年ぶりに会ってゆっくり話したい友達。

しばらくご無沙汰している「いとこ会」(笑)

母の実家の近隣で、幼い頃からお世話になった方々。

高校3年の時の担任の先生。

ここ数年、しょっちゅう会ってるけれど、気のおけない大切な友だちとも、もっとたくさん時間を共有しよう

最近は、そんな風に考えながら、具体的な計画もしているところです。


そして、「行きたい場所に行きます

死ぬまでに行きたい場所のひとつはこちらです→「家族の思い出の地、松江」

特に悪いところもなく、足腰もちゃんと動く今だから、ずっと「行きたいなぁ」と思い描いてきた場所を、一箇所ずつ制覇するつもりです。

数年ずつではあるけれど、縁あって住んだあちこちの街。

まずは、長野市。

長野を思うとき、いっしょにあの澄み切った空気と、空に抱かれた山の稜線を思い出します。

近くに居たのにゆっくり参拝できなかった「善光寺」にも行かなきゃだし、「戸倉上山田温泉」にも泊まりたい。

そして、九州の長崎。涙が出るほどに思い出深い街です。

私が今も時々思い出す長崎の光景はこちらの記事→「遠き日の長崎の思い出」

長崎の文化や伝統に、ほんのひとときでも触れられて、本当に良かったと思っています。

そうそう、長崎といえば、絶対に外せないのはここ→「私の人生を変えたドラマのロケ地」

東京の「経堂」も好きな街でした。

小説に出てきそうなポイントがいっぱいあった、小田急沿線の街々。あんまり自由には通えなかったけど、隠れ家的な美味しいお店も多い街で、次に訪れたら時間をかけてゆっくり味わいたいと思います。

そして、金沢。

好きな場所が多過ぎて、書き並べると長くなるから、全部は書かないけど(笑)

いくつかピックアップするなら、まずは「21世紀美術館

私が金沢を離れる前年にできた美術館で、たった1回しか行けなかったのが心残りです。美術館好きの私の中で、たぶんベスト3に入るほど心踊る美術館。

21世紀美術館から、石浦神社脇の坂道も大好きでした。

そして、「尾山神社」のギヤマンの灯りも懐かしいし、「小立野の寺院群」もまたゆっくりと巡りたいし、ありきたりだけど「兼六園」も行っとくかな(笑)

マズイ!どの街も書き出すと止まらなくて、長くなり過ぎるので、行きたい場所については、また別記事を上げるということで。

残りの人生は、心残りを消すことに徹する


人間、いつどこでどうなるかわかりません。

今、ここにこうして元気に生きていても、明日がやってくる保証はどこにもないのです。

それは私一人に課せられた条件ではなく、生きとし生けるもの全ての運命。

命には、いつか終りが来るということをしっかりと認識して、与えられた自由な時間を有効に使いたい。

残りの人生は、心残りをひとつずつ消して行く作業をするためのもの、そんな風に私は思っています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

エルモコさんへ

エルモコさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

長野は、私にとって初めての転勤の地でした。

一番最初に長野の街に着いた時、空気の美味しさにビックリしたのを覚えています。

緑も山も美しくて、ご近所の方にもすごく優しくしていただきました。
「ありがとう、長野」ですヽ(´ー`)ノ

きっと伺いますね、長野♪
山門の拝観も、しっかり覚えておきます!

> 心も時間も自由!がお一人様の醍醐味。

本当にそのとおりですよね。
エルモコさんも自由を楽しみながら、元気でお過ごしください♪

これからも当ブログをよろしくお願いします。

花音

花音(かのん) | 2015.12.05 14:34 | URL


はじめまして。エルモコと申します。
私も10年来のお一人様で、いちいち同感!です。幸せのカタチは人それぞれ。時々、隣の芝生の青さに惑わされますが(笑)
思い出の地に長野市とあり、嬉しくて思わずコメントしてしまいました。善光寺、いらしてくださいませ〜その際はぜひ、山門も拝観なさってくださいませ〜(⇦先週、友人を観光案内し初めて登った)
心も時間も自由!がお一人様の醍醐味。
これからもブログ、楽しみにしてます。

エルモコ | 2015.12.05 12:04 | URL[ 編集 ]


エスさんへ

こんにちは(*^^*)

> 一から十まで同意です。

そうですか?嬉しいです♪

> 私はそれプラス、行きたかった外国にも行ってみたいなぁ。
> 行きたいと思える気持ちと体力があるうちに。

私も行ってみたいですね~、外国。具体的にはどこって浮かばないけど、でも行ってみたい♪

> だけどツアーのおひとりさまになると一気に値段が上がるんですよね。
> そこがネックです。

あ、そっか!ホテルの宿泊とかも、シングルだと割高ですものね。
ほんと、そこが悩みどころだなぁ。

でも、先にそういう楽しみを描くって、なんかワクワクします。

お互いに、ぜひ実現させましょうヽ(´ー`)ノ

花音(かのん) | 2015.11.27 21:27 | URL


ほんとほんと。

一から十まで同意です。
私はそれプラス、行きたかった外国にも行ってみたいなぁ。
行きたいと思える気持ちと体力があるうちに。

国内は一人旅でも大丈夫だけど
海外も昔はひとりでも、個人手配でも大丈夫だったけど、
今はちょっとその気力がない。
だけどツアーのおひとりさまになると一気に値段が上がるんですよね。
そこがネックです。

エス | 2015.11.27 17:13 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル