ホームおひとりさま生活情報 ≫ リコール家電がうちにもあった!日立ふとん乾燥機HFK-SDの回収と交換品の到着

リコール家電がうちにもあった!日立ふとん乾燥機HFK-SDの回収と交換品の到着


entry_img_263.jpg



「お客様へのお願いです。リコール商品を探しています」


このようなテレビCM、新聞広告や折り込みチラシ、或いは家電店からの通知などを目にすることってありますよね。


では、実際に自宅で使用していた家電品が、リコールの対象になったことはありますか?


応援クリックしていただけると更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

スポンサーリンク

実は、わが家にあったんですよ。


リコールの対象商品が!


それがコレ↓↓

faq_futon02.jpg


製品名と型番は、「日立ふとん乾燥機 HFK-SD1、HFK-SD2、HFK-SD10、HFK-SD20」 


対象は、上記いずれかの型番で、色はピンクとローズピンクの2色展開です。


2010年から販売されている製品で、2015年1月24日、電源プラグ部が原因の火災が発生したとのこと。


火災事故例は1件だけらしいんですが、ふとん乾燥機は家人が不在のときに使うことが多いでしょう?だから、万全を期して、全て回収&交換の社告となっています。


お宅では、日立のふとん乾燥機をお使いじゃないですか?もし、「あっ!日立製だ」と思い当たった方は、下図を見て、型番を確認して見てくださいね。

hfk_01.gif


リコール商品の社告って、けっこう頻繁に見かけますが、自分の家には対象商品がないと思い込んでしまうケースも多いそうです。


特に数年以上も前に購入した製品だったりすると、まさかそんなに昔のものにリコールがかかってるなんて思いもよらなくて、つい見逃したりする可能性もあります。


実はこのリコールの告知は、今年の6月15日に開始されているんです。もう4ヶ月も前のことになりますね。


でも、私が気づいたのは、つい先週のこと。


なぜ気づいたかと言うと。


いえ、逆になぜ今まで気づかなかったかと言うと、このふとん乾燥機を購入した電気屋さんから、ちゃーんと通知ハガキが届いていたにも関わらず、そのハガキが本棚の後ろに落っこちてしまっていたんですよ


先週、たまたま本棚の後ろのホコリを吸おうとして気づいたんです。


毎日のように掃除しまくる性分のクセして、なんてポカッ

たぶん思うに…


この本棚はほどよい高さなので、上部を郵便物や仕事用の紙媒体の仮置き場にしているんです。


私は家具と壁を数センチ離して置いているので、郵便物を本棚の上に置いた時、ヒラリと裏側に舞い落ちてしまったのではないかなと。


ハガキに書いてあったフリーダイヤルに電話してみると、迅速に対応してもらえました。


そして、新品の交換品を宅配してくれる業者(うちの場合はヤマトさんでした)に、古い方のふとん乾燥機を持ち帰ってもらえば、それで回収完了です。


あっ、念のため書いておきますが、リコール対象は本体のみなので、新しく届くのも本体のみ。


お布団の上に広げるマットは、手持ちのものを引き続き使ってねということです。


一応、ハガキに書いてあった連絡先を転記しておきます。


◎日立ふとん乾燥機受付センター
TEL0120-853-010


◎受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日および年末年始、夏季休暇などの休日を除く)


というわけで、本日到着した、新しいふとん乾燥機はコレ↓↓


2015102701.jpg


デザインも使い方も前のと全く同じで、色味だけ濃い色に変わりました。


これから寒くなる季節には、ふとん乾燥機を頻繁に使うお宅も多いのではないでしょうか?


わが家のは日立製じゃないかな?と、ちょっと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> 人間のリコールもあればいいのに

すごい!コレは名言だわ。


リコールされて、新品と交換とか。

花音(かのん) | 2015.10.30 07:48 | URL


人間のリコールもあればいいのに

まりお | 2015.10.29 10:56 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル