ホームおひとりさま健康情報 ≫ アレルギー性鼻炎の3大症状とアレルギーの原因および予防と対策について

アレルギー性鼻炎の3大症状とアレルギーの原因および予防と対策について


entry_img_258.jpg



私は、もう数年来、アレルギー性鼻炎とつきあっています。


実はかなり最近まで、自分は「花粉症」だと思い込んでいました。


でも、花粉の季節に関係なく症状が出るので、「ちょっと変だぞ?」と、改めて検査をうけてみたんです。


その結果、私の場合は、花粉に反応しないタイプのアレルギー性鼻炎だと判明しました。


応援クリックしていただけると更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

スポンサーリンク


アレルギー性鼻炎の3大症状


そもそも、アレルギー性鼻炎とはどんなものでしょうか?


花粉やハウスダストなどの「アレルゲン※」が、体内に侵入して免疫システムを刺激。それに対して人間は様々な抵抗反応を示すので、体のアチコチに不具合が出ます。


その不具合が、鼻の機能に現れたもの、それがアレルギー性鼻炎です。

※アレルゲンとは抗原(アレルギー反応を引き起こす原因物質)のこと


くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」これが、アレルギー性鼻炎の3大症状と言われています。


◎ くしゃみ

鼻の中に異物が入ってきたとき、これを外へ押し出そうとする反応がくしゃみです。

くしゃみは風邪のごく初期にも出ますが、連続して何回も出続け、さらに熱やだるさがない場合は、アレルギー性鼻炎だと考えてよいでしょう。


◎ 鼻水

アレルギー性鼻炎が原因の鼻水の特徴は、水のようにサラサラとした水様性で無色透明です。

これに反して、トロッとした粘り気があり、黄色や薄緑などの色を伴うものは、風邪もしくはアレルギー性以外の鼻の病気だと思われます。


◎ 鼻づまり

鼻の粘膜が腫れて空気の通り道を狭めている状態、これが鼻づまりです。風邪ではないのに鼻がつまる場合は、アレルギー性鼻炎を疑いましょう。


アレルギー性鼻炎と花粉症の違い


アレルギー性鼻炎には、一定の季節に限って症状が現れる「季節性アレルギー性鼻炎」と、1年中いつでも症状が出る「通年性アレルギー性鼻炎」の2つがあります。

 
季節性アレルギー性鼻炎のほとんどは「花粉症」と呼ばれるもので、その発症時期は、原因となる植物の開花時期と一致しています。アレルゲンとしてよく知られているのは、春のスギ花粉と、夏から秋にかけてのイネやブタクサの花粉です。


花粉症の場合、鼻の症状以外にも、目のかゆみや充血(アレルギー性結膜炎)、のどの違和感、皮膚のかゆみや湿疹、咳、頭重感などの症状が出ることもあります。


一方、通年性アレルギー性鼻炎は、季節と関係なく発症するアレルギー性鼻炎で、そのアレルゲンは人によって様々ですが、主にハウスダストが原因とされています。


ハウスダストというのは、ダニ、ホコリ、人やペットの毛や皮屑(フケ)、カビ、細菌など、いくつか混合した室内塵の総称です。


近年は気密性の高い住宅が多く、冷暖房機器も広く普及していることから、ハウスダストもその数を増していると言われています。それと比例して、アレルギー性鼻炎の罹患率も高まっているそうです。


アレルゲン検査で、私が強く反応したアレルゲンは、ダニとカビでした。


このふたつは、通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンの中でも代表的なもの。つまり、私は典型的な通年性アレルギー性鼻炎だったわけです。


通年性アレルギー性鼻炎の予防と対策


アレルギー性鼻炎にいったんかかってしまったら、アレルゲンと接触するたびに症状は出てしまいます。


発症を予防しながら症状を改善するためには、治療や服薬だけでなく、日々の生活の中でも対策することが大切です。


ここからは、私が日々心がけているアレルギー性鼻炎対策をご紹介します。内容的には、私自身のアレルゲンであるダニとカビの除去に関することが中心です。


◎ ダニ対策

先にも書きましたが、最近は住宅の気密性が高くなり、さらに室内温度も年中快適に保てるようになりました。

そのため、昔なら寒い季節にはダニがいなくなったものが、今では元気に?年中繁殖しています。文明の利器によって生活が快適になることには、思わぬ弊害があったと言わざるをえませんね。

室内に生息するダニの中で、そのほとんどを占めているのがヒョウヒダニで、ヒョウヒダニの食べ物は、人間のフケや垢です。

と言うことは、それらが付きやすい箇所を徹底的にクリーンにすればいいということになります。

そのために私が行っていることは、次の通りです。


☆基本的に毎日掃除機をかける

☆天気のいい日は布団を干す

☆干しただけでは効果が薄いので、さらに掃除機で布団にこもったダニの死骸や糞を吸い込む

※ちなみに、生きているダニより、むしろ死骸や糞などに反応してアレルギーが発症します。

☆梅雨時期や、寒い季節は、天日干しの代わりに布団乾燥機を利用

☆枕カバーやシーツをこまめに洗濯

☆防ダニ加工を施したカバーを使用

☆空中を浮遊しているハウスダストの集塵のため、大型の除加湿空気清浄機を常時稼働

私が長年使っている優秀な除加湿空気清浄機の紹介記事→「ダイキン・クリアフォースはわが家の必需品」

☆カーペット、じゅうたん、座布団、クッションは極力置かない

※わが家の場合、リビングの一部にじゅうたんを敷いている以外、すべてフローリング。座布団は丸洗いタイプを使用して、クッションは一個も置いていません。

☆ぬいぐるみや大型の観葉植物を置かない

※幸いなことにぬいぐるみは持っていません(笑)観葉植物は大きくて広い葉っぱにホコリがたまりやすいので、大型の種類は置かないようにしています。



◎ カビ対策

アレルギーは、カビの胞子を吸い込むことによって起こります。だから、カビの胞子が浮遊しないような環境づくりが先決です。

生えてしまったカビは除去するのがなかなか困難なので、まず生えないように予防することが肝心!そのためには、できるかぎり除湿と換気をすることが重要になります。


☆朝起きたときや外出から帰宅したときなど、コマめに窓を開けて換気

☆家具は壁にピッタリくっつけず、数cm離して空気の通り道を確保

☆雨天で窓が開けられないときは、エアコンや除湿機を利用

☆冬場は特に結露をコマめにふき取り、換気通風によって出来るだけ結露させない

☆布に生えたカビは特に取りにくいので、ファブリック類は極力置かない


(参考:第一三共ヘルスケアWEBサイト http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/)
(参考:ダイキン工業WEBサイト http://www.daikinaircon.com/)



掃除機のかけ方のコツ


厄介で完治の難しい通年性アレルギー性鼻炎。辛いですよね~。


でも、かかってしまったからには、予防と対策をするしかありません。それには、換気や除湿も含めて、とにかく徹底的に掃除するというのが結論です。


最後に、掃除機の上手なかけ方のコツをまとめておきますね。

1.掃除機をかける時は、窓を2ヵ所以上開けて空気の通り道をつくる

2.掃除機をかけるタイミングは、起床後すぐと帰宅直後。なぜなら、人の動きが多い時間帯はハウスダストが空中に浮遊していますが、寝起き直後や帰宅後なら、ハウスダストが下にたまっているので吸い込みやすいから。

3.掃除機をかける前に床を拭くと効果的です。いきなり掃除機をかけると、かえってハウスダストを舞い上がらせやすいので、まずは表面のほこりを取り除くこと。

私は、掃除機をかける前に、市販の○イックルワイパーを軽くかけます。雑巾がけは、さすがにめんどくさいもん(笑)


と、ここまで、私がかかっている通年性アレルギー性鼻炎の症状や、その予防と対策について書いてきました。


でも…


実は私のアレルゲンは、ハウスダストだけじゃなかったんです。それについては、次回の記事で書きますので、良かったらまた読みに来てくださいね(^_^)/~

スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

まりおさん

こんばんは♪

> 最近の住宅は24時間換気システム搭載だから空気は常に流れてる。
> 住宅を建てるときに義務づけられたんだけど、空気換気システムじたい150万位

ひゃ、ひゃ、150万円!!←ビックリしてどもりました(笑)

うちは賃貸マンションですが、一応24時間換気システム導入
されてます。でも、まりおさんちみたいに上等じゃないと思う。
その証拠に、お気に入りのダイキンの空気清浄機を
運転していない時は、私くしゃみ連発しますから(笑)

> 日本て間が抜けてる

確かに、本当に必要なところに目を向けて
いないっていうのはありますよね。

花音(かのん) | 2015.10.24 21:39 | URL


最近の住宅は24時間換気システム搭載だから空気は常に流れてる。
住宅を建てるときに義務づけられたんだけど、空気換気システムじたい150万位
するんだ。おかしくない?換気するしないなんて本人の自由なのに。
後、火災報知機。これも全部屋。国土交通省てくだらない事ばかり義務付けて肝心な
耐震には無頓着。こんなんだから杭打ちの不正があるんだ。
日本て間が抜けてる

まりお | 2015.10.24 09:19 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル