ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 幸せの時間 in 大阪 おひとりさま久しぶりのデートはヒルトンでスイーツ

幸せの時間 in 大阪 おひとりさま久しぶりのデートはヒルトンでスイーツ


entry_img_252.jpg



最近は、「大阪・キタ」がマイブームです。


キタの中心地梅田は、ここ数年でどんどん開発が進んでいるせいか、行くたびにどこかしら少しずつ景色が変わっていて、新鮮さにトキメキます。


きのうはそんな大阪の梅田で、私、久々にデートでした


「んもーっ!」と唸ってしまうほど楽しかったので、ちょっと報告させてください


応援クリックしていただけると更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

スポンサーリンク


きのうのデートのお相手は、このブログがご縁で仲良くなった、あさぎさんという素敵な女性


「な~んだ、女性か!?」と思わせてしまいましたか(笑)


この年で、自らおひとりさまの道を選んだ私なので、今さらめんどくさい方向に足を踏み入れたくはありません。


女同士が気楽でいいです。


それに、あさぎさんはダイエットや健康的な美の追求に熱心な方なので、お話していると学ぶことがいっぱい!


ぜひ、あさぎさんのブログをのぞいてみてくださいね→ 太らない「健康ごはん」



正午少し前に待ち合わせて、まずは少々オヤジくさい界隈に足を運び、渋いお昼ごはんをいただきました。


まぁ、いわゆる居酒屋的な(笑)


夜はサラリーマンで溢れかえるんだけど、昼間は女性や年配のご夫婦なんかが多くて一品物が美味しいお店


あさぎさんは車だから烏龍茶でしたが、私は昼の日中(ひなか)にビール飲みました


不良主婦ですみませんあっ、主婦じゃなくて、おひとりさまでした。だからこその特権ということで、お許し下さい。


さて、お昼ごはんのあと、続いて向かったのは、ヒルトンプラザWESTの6Fにある「The Grand Cafe(グランカフェ)


目的はスイーツです。


すでにお腹はいっぱいだったけど、女性特有の「別腹理論」というやつですね(笑)


top_img_1s.jpg
(出典:グラン カフェ 【The Grand Cafe】http://www.the-grandcafe.com/)


店内に足を一歩踏み入れると、その圧倒的なまでの開放感に高揚します。


このお店、天井高がなんと7.3メートルもあるんですって!


ご覧のとおり見上げるばかりの窓ガラスに囲まれた店内には、秋の日の柔らかい陽光がたっぷり降り注いでいました。


ソファに座った状態で、窓の向こうに梅田の街を一望できるロケーション!素晴らしすぎます


大阪ステーションシティグランフロント、それに少し遠目には梅田スカイビルといったビル群を同じ目線で臨みながらの優雅なスイーツタイムは至福でした。


2015101503.jpg


そんな風景を楽しみながら、私がオーダーしたのは、これ♪

IMG_2198.jpg


和風クレープ


あずき好きの私には絶品でした。


甘すぎない軽い口当たりのクレープ。抹茶アイスと仲良く並んでいるのは、ちょっと珍しいほうじ茶アイス。ほどよい苦味と独特の香りに、和風好きは大満足!


こちらは、あさぎさんが頼んだケーキセット。なぜか私と同じく和風テイスト。


お互いに和風がしっくり来るお年ごろなんでしょうか(笑)

IMG_2200.jpg


たっぷり食べて、たっぷりしゃべって、充実した半日を過ごして、120%くらいリフレッシュできました。


実はここんところ、仕事で色々とありまして、アイディア出しや企画書が煮詰まっていたんです。


日々の楽しみというか生き甲斐とも言えるテレビドラマ鑑賞さえもままならない状況が続いていたんですが、きのうのデートの効果なのか、本日はサクサクとコトが進んでおります。


やっぱり、気分転換は必要だなと強く実感している、おひとりさまの個人事業主でした(笑)


スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

まりおさん

こんばんは^^


娘さんは素晴らしい環境にいらっしゃるんですね。
その環境を与えてあげられた母親のまりおさんは偉大です。

良いお話をありがとうございました。

花音(かのん) | 2015.10.18 22:44 | URL


たまのホテルでのお茶はいいいい気分転換。娘の住むマンションは徒歩一分圏内にヒルトンを含むホテルがいくつもある。だから娘には、いい環境に居るんだから若い内からいいものにふれることを薦めていて、先日高層階のバーに年上の男性といったらしく「夜景はんぱなかった」と言っていた。娘のマンションは南西向きで冬の朝は富士山が見え夜は渡り廊下からは、ライトアップした都庁がまじかに見える。娘は、ものずごい反抗期があって、その後おおきな怪我をして更生し東新宿にある会社の正社員になった。毎日帰りが遅い娘を心配したまたま見つけたのこの物件だった。建物は古いけど眺望がすばらしく、この眺望がある限り何かあっても立ち直れるんじゃないかと思いその場で購入することを不動産屋につげた。
今年23歳になった娘の誕生日にメールで「ろくな子育てしかできなかったことが心残りだ」と言ったら「よくしてもらって感謝していると」返信があった。
母親といういきものは寂しいものだ

まりお | 2015.10.18 11:56 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル