ホーム50代おひとりさまの幸せ ≫ 人気デリカテッセンをオマージュ おひとりさま向きミニサイズいなり寿司

人気デリカテッセンをオマージュ おひとりさま向きミニサイズいなり寿司


entry_img_243.jpg



ひとり暮らしで、しかも在宅仕事をしていると、ついつい食事が手抜きになりがちです。


食べてくれる家族がいれば、メニューに工夫を凝らしたり栄養バランスを考えたりもしますが、これが自分ひとりの食事となると気合いも入りません。


とは言っても、ひとり暮らしだからこそ、意識して健康的な食事を摂らなければいけないとは常々思っています。


だって、偏った食事のせいで体調を崩しても、誰も助けてはくれませんからね。


そんな私の本日のお昼ご飯がこちら。


応援クリックしていただけると更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

スポンサーリンク


P1050118.jpg


ひと口サイズのスティック型いなり寿司です。


私もそれほどマメではありませんので、3度の食事の度にメニューを考えたり、丁寧に下ごしらえから始めたりするのは面倒くさいです。


だから、朝ごはんを作るときに同時に昼&夜のメニューの下ごしらえまで済ませたり、食材がたくさんあるときは数日分のメニューを一気に考えたりします。


きのうはわが家に、とっても可愛い来客がありました。


可愛いお客様に関する記事は、こちらでご覧いただけます。→3歳児の譲れないこだわり


可愛いお客さんに「お昼ご飯は何が食べたい?」と聞くと、「うろん…」と言うお答え。(か、か、可愛い~


「あ、うどんね」


と言うわけで、きつねうどんを作ったんです。


揚げが大き過ぎると食べにくいだろうと思って、薄揚げを3分割して真ん中部分だけを使いました。


そして残しておいた両端の2枚が、本日のミニスティック型いなり寿司に変身したわけです。


一般的なサイズのいなり寿司を作るには、1枚を3分割したサイズの揚げでは小さ過ぎます。


でも、そこはちゃんと織り込み済み。


すし飯をうんと少なくして、さらに細いスティック型にすれば、小さな揚げでも充分!


写真を忘れて食べてしまったので、中に詰めたすし飯をお見せできませんが


薄味にしたご飯には、細かく刻んだカブの葉、しらす、白ゴマを入れました。


あとは副菜として、カブとナスのぬか漬けに昆布入り牛しぐれ煮、そしてカブとワカメの味噌汁。


おすそ分けでいただいたカブを早く食べ切らないといけないので、ちょっとカブの出現率多めですが、まぁ、ほぼバランスOKのメニューかなと。


このスティック型いなり寿司は、梅田阪急の大人気デリカテッセン「豆狸」の「おいなりさん」をオマージュしたもの。


mamedaumeda.jpg
(出典:阪急デリカ豆狸)


あはは、あんまり似ていませんかね?


いいんです、あくまでもオマージュですから(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル