ホーム50代おひとりさまトリビア ≫ 「ありがとう」を言った数だけ幸せが増える法則

「ありがとう」を言った数だけ幸せが増える法則


entry_img_229.jpg



年を重ねるごとに、「ありがとう」を口にすることが増えてきた気がするなあと。


そして、「ありがとう」と言うたびに、幸せの量も少しずつ増えているんじゃないかと感じています。


応援していただけると日々の更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ   

スポンサーリンク

「ありがとう」を言えば言った分だけ幸せになれる。


そんな法則があるかどうかは、私にはわかりません。


でも、誰かの悪口ばかり言ったり、悪い結果を人のせいにしたり、他人のことを羨んだり嫉妬したり、そんな日々を過ごすより…


誰にでも、どんな小さなことにでも、「ありがとう」と感謝して過ごす方が、幸せな気持ちになれることだけは確かです。




えてよかった



今の私がいちばんたくさん「ありがとう」を言う相手は、たぶん息子たちだと思います。


離れて暮らしているけれど、何かにつけて連絡をくれたり、ひょっこり顔を見せてくれたりするのが、なによりも嬉しくて私の元気のもとです。


あなたたちに逢えてよかった。


私の子どもになってくれてありがとう。


こんしてよかった


縁あって結婚したのに、別れることになってしまった元夫。


時々、フッと思います。


私じゃない誰かと結婚していたら、元夫はあんな風にならずに、もっと穏やかな人生を送ることができたんじゃないかなと。


その美しい容姿に憧れて、結婚を強く望んだのは私の方でした。


それなのに、どうしても別れて欲しいと強く望んだのもまた私。



元夫の人生を振り回したのは、もしかしたら私の方だったのかも知れませんね。


でも、最後は「長い間ありがとう」の言葉とともに、穏やかに離婚してくれてありがとう。


あなたと結婚できたから息子たちにも逢えました。


だから、結婚したことも離婚したことも、私は後悔していません。


これから先の人生は、離婚してよかったと思えるように生きて行きます。



んばってよかった



仕事をかけもちし過ぎて、あまりの忙しさから、逃げ出してしまいたいと思ったこともありました。


「私ばかりがしんどい」なんて、誰ともなしに恨んだり、わが身を呪ったりした日もあったかも知れません。


でも、がんばることをやめなくてよかった。


仕事を続けて来たからこそ、今の生活があるのだと思うから。


私ががんばって来たことを息子たちが認めてくれてたからこそ、今も笑い合えるのだと思うから。


もだちがいてよかった



耳ざわりのいい社交辞令じゃなくて、本当の私の姿に気づかせてくれる言葉をくれるのは、いつも友人達。



私がいいときも、そしてドン底のときも、全く変わらず心に寄り添ってくれた友人達。


あなた達がいてくれてよかった。



まれてきてよかった




両親のお墓に手を合わせながら、心の底から沸き立つように思うこと。



生まれて来てよかった。


しんどかった日もあったけど、だからこそ、今の幸せの真価がわかるんだと思うから。


ありがとう、お父さん&お母さん。




「ありがとう」を伝えたい人は、まだまだ沢山います。



このブログを読んでくださる人に、ありがとう。


貴重な時間を使って、コメントやメッセージを書いてくださる方に、ありがとう。


うんと年上の私を嫌がらずに繋がってくれている、Twitterに集う心優しき女子たちに、ありがとう。


本当にありがとう、みんな。



さて、今日はあといくつ「ありがとう」が言えるかなあ

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル