ホーム50代女性におすすめ通販 ≫ いいもの発見!コーヒーも鮮度が命だから冷凍ドリップバッグ

いいもの発見!コーヒーも鮮度が命だから冷凍ドリップバッグ


entry_img_228.jpg




秋になると、温かい飲み物でホッと和みたくなりますよね。


温かい飲み物といえば、普段はもっぱら紅茶かハーブティを飲むことが多い私ですが、たまにコーヒーが飲みたくなることもあります。


たまにしか飲まないからこそ、本格的な香りと味わいの一杯が飲みたいじゃないですか。


そんな私が最近出会った、極上のコーヒーがあります。



応援していただけると日々の更新の励みになります 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ   

スポンサーリンク


お手軽だけど本格派



それが写真のコーヒーです。そうお手軽なドリップバッグ


P1050089.jpg


真のコーヒー通の方にとっては、専門店で購入した自家焙煎豆をミルやグラインダーで挽き、丁寧にドリップしてこその極上の一杯だと思います。


そこまでこだわりのある方なら、今この記事を見て、「ふんっ!本格的とか言いながら、ドリップバッグか…」と、鼻で笑われてしまったかも知れませんね。


ごめんなさい 


でも、ごくたま~に、ほんのちょっとだけコーヒーを楽しみたい、そんな程度の私には、高級豆もコーヒーミルも手が出せないんですよ。


かと言って、瓶入りのインスタントもあまりに味気ないですしね。


そこで色々探した結果、やっと出会った「お手軽だけど、かなり本格的」なコーヒーが、この「きくのIFCコーヒードリップバッグ」だったというわけ。



今までのドリップバッグコーヒー




ドリップバッグコーヒーのお手軽さは、ずいぶん前からよく知られていると思います。


私も以前に勤めていた会社で、有名な◯ルックスのお買い得パックなるものを休憩時間に飲んでいました。


でも、決して美味しいとは思えなかったんですよ。いつの間にか、私の脳内には、「ドリップバッグコーヒー=イマイチ美味しくない」と、刷り込まれていました。


それもそのはず、コーヒー豆は粉にした途端、どんどん酸化が進んでしまいます。だから、粉の状態で不織布にパックされたドリップバッグコーヒーの味が、日毎に落ちるのは当然のことなのです。


でも、大勢で大量に消費するオフィスでは、お値段の割安感が最優先。


まぁ、ブレイクタイムに喉を潤せれば良し!と割り切って飲む、それがドリップバッグだと思っていました。


コーヒーも鮮度が命



ところが、この「きくのIFCコーヒードリップバッグ」は、今まで飲んだことのあるドリップバッグコーヒーとは全然違ったんです。


「香りが生きている!」



まさにそんな感じ。



そして、コーヒー特有の酸味はあるものの、それは酸化が進んで酸っぱくなったそれとは全く別物だとわかりました。


味の違いは、保存方法の差によるものだったんです。



この商品は、冷凍保存が前提のパッケージになっています。



冷凍保存することで、次に開封されるその瞬間まで、「鮮度」が保たれたままなんですね。


だから、挽きたての味と香りが、変容せずに再現されるというわけでした。



コーヒーもお魚やお肉と同じく、鮮度が命なんです



きくのIFCコーヒードリップバッグ



以下に記したのは、上に貼った写真の商品の詳細です。


●きくのIFCコーヒードリップバッグ/コロンビア

内容量:40g(8g×5袋)
保存方法:冷蔵または冷凍
賞味期限:90日(冷蔵)、180日(冷凍)
挽き方:中細挽き
小売価格 110円


私は香りと味わいのバランスがいいコロンビアが好きなので、買うときはいつもコレ。


ネットスーパーで購入することが多いですね。


コロンビア以外にも、キリマンジャロとか、キリマンジャロとか、えっと、あれ?キリマンジャロと… ←ほかに何があったか忘れたらしい(汗)


とにかく他にも何種類かあります(笑)


ひと袋に5パック入って110円と、お値段もお手軽なので、色々な味を試してみられるのもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル