ホームおひとりさま生活情報 ≫ お気に入りのフレームが遠近両用メガネとして復活

お気に入りのフレームが遠近両用メガネとして復活


P1040928.jpg



「いよいよ老眼ですね」と、眼科で告げられたのは、かれこれ6年ほど前。まだ40代なかばのことでした。


私は元々、ド近眼で、裸眼の視力は、左右ともに「0.02」ぐらいしかありません。その上に今や老眼も加わって、何かとめんどくさい状況です。


ここ2年ほど、遠近両用コンタクトと近眼用のメガネ&老眼用のメガネの「三位一体(さんみいったい)」で、TPOに応じてつけ外しの生活をしていたんですが…。


↓クリックが一人暮らしの支えです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク


やっぱり1本2役の遠近両用メガネを作った方が便利かなと思い始めました。


それで先日から、駅前のショッピングセンターに行くたびにJINSメガネに立ち寄って、あれこれフレームを物色していたのですが、イマイチ気に入ったものがありません。


で、きのうフッと思い出したのが、数年前に作った近眼用メガネの存在。作ってすぐに度が合わなくなって、しまい込んだままになっていたものです。


深みのあるワインレッドと、可愛い花模様のテンプルがすごく気に入って作ったので、今見ても、気分が上がります


「そうだ!このフレームに遠近両用レンズを入れてもらおう!」と思い立ち、即効で行ってきました


元々、デザインは大好きだったし、かけ心地も見え心地も上々。死蔵品の復活→活用ができて、大満足です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル