ホーム50代おひとりさまトリビア ≫ エロスの欠片もないブログでごめんねと今さらカミングアウトしてみる

エロスの欠片もないブログでごめんねと今さらカミングアウトしてみる


entry_img_212.jpg


日曜日にちょっと熱が出て、「風邪ひいたかな?」と思っていたら、案の定そうでした。


でも、きのう朝のうちに病院に行ってお薬をもらい、それを飲んで昼から夜までぐっすり眠ったのでスッカリ元気回復です


以前の私は……


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ   
ランキング参加中 応援していただけると嬉しいです


スポンサーリンク


熱が出たぐらいでは、「休んでなんかいられない」と気張って、いつも無理して仕事をしていました。


何といっても、私は出来高制の職人ですから。


こなした仕事量がそのまま収入に反映されるので、休むのが怖かったんですね。


でも、そうやって体に無理させているうち、スッカリこじらせて重症化することもしばしば。


そこから慌てて病院に行っても、もはや簡単には回復せず、いつまでも不調が続き、結局は仕事も滞ってしまうという負のスパイラルに突入です。


なので最近はちゃんと学習して、何となく体調悪いなと思った時点で、すぐ受診するようにしています。


あとは、とにかく睡眠・睡眠・睡眠


ぐっすり寝れば、たいていは回復します。体も、そして心も


きのうは昼間から夜までたっぷり寝過ぎたので、昼夜逆転状態になるかなと思ったけど大丈夫でした。


風邪スッキリ絶好調の状態で、真夜中過ぎの「美女と男子 最終回」の再放送をしっかり観られて大満足


お陰でそのあと、とても幸せな気分で眠りにつけました 



さて、かなり意味深な本日の記事タイトル。


今だから話せる、ブログタイトルにまつわる秘話を書こうと思ったら、こんな記事タイトルになってしまいました。


この「幸せの時間を生きる」というブログタイトルに込めた私の想いは、以前の記事で読んでいただいたかと思います。


こちらからご覧ください→タイトルに込めた私の想いとは



ブログを書くのが初めての私にとって、このブログは毎日のように新鮮な驚きや喜びを与えてくれました。


最初の頃は、アクセスログを見ては感激することしきり。


だって、こんな私のブログをわざわざ読みに来てくださる方がいるなんて、嬉し過ぎるじゃないですか!?


データの見方なんてよくわかっていなかった私ですので、チェックしたところで、何かを分析したり傾向がわかったりするわけじゃありません。


ただ、今日も誰かが読んでくれた、それを知ることが励みになって、毎日のようにアクセス解析を見ていたのです。


そして、ちょうどブログ開設から、一週間ほど経った頃だったと思います。


いつものように解析データを見ていて、私は「あれ?変だな」と気づきました。


どう変だったかと言うと、ちょっとここには書けないような、いわゆるアダルト系のエロいキーワード検索からのアクセスが異様に多かったのです。


いつも読んでもらってる方ならご存知のとおり、このブログにエロスの要素は皆無です(笑)


だから開設当初は、検索から来られた多くの方が、全くエロくない内容にガッカリして帰られたのではないかと思います。


今ここで、改めて謝っておきましょう。


全然、エロくなくてごめんなさい


18禁でもR指定でもない平凡で地味なバツイチ女の日記が、きわどいキーワードで検索にひっかかる理由は、ほどなく判明しました。


実は、「幸せの時間」というタイトルの昼ドラが存在したのです。


テレビドラマは超絶に大好きな私ですが、昼ドラは全くといっていいほど知りません。まさしく未踏の領域、未知の世界(笑)


そこで、自分でこの「幸せの時間」を検索してみて驚きました。


このドラマは放送当時(2012年)、過激で濃厚な描写シーンがあまりにも多いと社会問題を引き起こしていたのです。


ドラマ終了からすでに3年。


今でも観たいと思う人が「幸せの時間」関連のキーワードで検索して、間違って「幸せの時間を生きる」にたどり着いてしまった、それがこのブログのアクセスログにエロ系キーワードがたくさん並んだことの真相でした


それがわかって、正直なところすごく悩みました。


エロスとは無縁のブログなのに、タイトルが似ているばっかりに、内容も似ていると誤解されるのではないか?


せっかく検索して来てみれば、全然つまらなくて、腹立ちまぎれに誹謗中傷されたらどうしよう?


どうしてタイトルを決める前に、このドラマの存在に気づかなかったんだろう?


始めてまだ1週間程度だから、いっそタイトルを変えてしまおうか?


そんな風に、あーでもない、こーでもないと散々悩んだのですが、結局はこのタイトルのままでいこうと決めました。


思い入れたっぷりでつけたタイトルだし、すでに愛着が深まっていたからです。


あれから5ヶ月ちょっと経った現在、エロ系キーワードの検索ログはほぼ無くなりました。


それらのキーワードで検索される方から、このブログには求めるものは書いていないと認識してもらったのでしょう(*^^*)


これからもエロ系、アダルト系の求めに応じられる記事は、書けそうにありませんが(笑)


幸せの時間を生きることを望む人に読んでもらえるよう、私らしく書き続けていきます。


では、また




 

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル