ホーム50代おひとりさまの考え方 ≫ ドラマの影響力の凄さを実感して、近日中に町田啓太ファン専用談話室の増設計画中!

ドラマの影響力の凄さを実感して、近日中に町田啓太ファン専用談話室の増設計画中!


entry_img_206.jpg



当ブログは、心優しいおなじみさんと、同年代ならではのキーワード検索で見つけて来てくれた方のお陰で、ひっそりと地味に続けています。


特に目を見張るようなアクセスがあるというわけでもなく、ただ淡々と静かに更新してきました。


ところが……


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ  
ランキング参加中応援していただけたら嬉しいです

スポンサーリンク


8月25日の深夜に異変が起きて以降、一時期アクセスがとんでもないことになりました。


異変の要因は、「美女と男子」の最終回レビュー記事を書いたことです。


「ドラマの影響力ってすごい!」と、しみじみ実感した経験でした。


アクセスが爆発したきっかけの記事はこちら→「美女と男子」終っちゃった!


しかも、最終回の放送からすでに約1週間が経とうとしているのに、余韻はまだ続いています。


いつもは「離婚」や「モラハラ」などの、ディープでヘビーなキーワードで見つけていただいているこのブログ。


それが、あの日以降は、「美女と男子」か「町田啓太」関連の検索キーワードからの方がほとんどです。



おそらく新規で見に来てくださったのは、町田啓太ファンの若い女性が圧倒的だろうと思います。


そういう若い方たちには、何だか申し訳ない気持ちでいっぱいです。


「ごめんね、こんなおばちゃんのブログで」とか、「ごめんね、この歳で啓太くんファンとか言ってて」とか、心の中に「ごめんね」が溢れています。


私ってば、なにゆえこんな卑屈に謝ってるんだろう?と思わなくはないですが、ちょっとしたワケがあるんです。


実は最近、同年輩の親しい人から愚痴を聞かされました。それも別々の人から2件続けて。


ひとりの方は、娘さんから子守を頼まれたとき、その日はのコンサートに行くから無理と断ったら、娘さんが烈火の如く怒ったそうなんです。


「お母さん、いい加減にして!その歳でジャニーズなんて、キモいから!」と。


別のおひとりは、サッカーの内田篤人さんの大ファン。


彼女はウッチーのカレンダーを毎年複数購入。ひとつは保存用にして、もうひとつはリビングのメインの壁に吊るしているそうです。


あるとき息子さんが、そのカレンダーを眺めながら、おもむろに言ったんですって!


「オカン、いい歳してイタイよ」と。


お二人とも、「子どもって、母親が若い人に夢中になる姿が許せないんだろうね」と、寂しげにため息をついていました。



こういう話を聞くと、自分の息子と同い年の町田啓太くんを絶賛するレビュー記事ばかり連投していた私も、チクっと胸が痛んだわけです。


そして、その記事が予想外のアクセスを呼んだ背景には、普段なら当ブログとは無縁の若い女性の訪問によるところが大きかったのだと思います。


若い方にしてみれば、このブログをのぞいて「キモイ」とか「イタイ」って感じさせてしまったかも知れないなぁ。だとしたら、申しわけなかったなぁと反省したわけです。


わが家の場合は、町田啓太くんの存在を最初に私に教えてくれたのは息子です。


そのせいか、私がテレビの中の町田啓太くんにキャーキャー言ってても、単に笑っているだけで、キモがったりイタがったりはしていません。ちょっと、呆れてるかも知れないかもだけど。


息子がキッカケでファンになったとは言っても、若い方のようにエネルギッシュに追いかけ続けてきたわけではなく、最初の1年ちょっとは、DVDの視聴と出演作品をチェックを欠かさない程度でした。


それが去年の朝ドラでかなり加熱して、さらに先ごろ終了した美女と男子でファン熱がMAXに達したということだろうと自己分析しています


すでに何十年も生きてきて、現実の厳しさも、夢見ることの虚しさも、人生が思い通りにならないということも、充分に知り尽くした私たち世代が、自分とは隔絶された芸能界に住む人に何を求めて夢中になるのか?


ドラマや映画といった架空の物語に、現実逃避したいからだと言う人もいます。


でも、私たち世代はすでによく判っているはずです。現実から逃避したところで、その先には虚無感しかないことを。


ならば何故?


いい歳したおばちゃんが、アイドルやイケメン俳優に傾倒するのは、素晴らしい音楽や絵画に感動する気持ちと似ているんじゃないでしょうか。


人間は歳を重ねるごとに、感動することが少なくなっていきます。ちょっとやそっとのことでは、もう心が動きません。


それでも人間として生きている限り、動かない心や枯れた感情のまま年老いて朽ちてしまうより、美しいものや素晴らしいものに感動したり夢中になったりする方が楽しいことを、人は本能的に知っているのだと思います。


たとえば、私の場合。


ドラマや映画といった映像作品も、舞台の臨場感も大好きです。そして、小説の世界観にドップリとはまるのも大好き


さらに、日本画も好きでたまりません。特に好きなのは、平山郁夫と東山魁夷。近場はもちろん、かなり遠方の美術館まで出かけたりするほどです。


同列に並べるのも変なのですが、町田啓太という人を眺めるのと、平山画伯や東山画伯の絵を眺めるのとは、私の中でとってもよく似た感動が湧きます。


かたや動的な俳優で、かたや静的な画家。


「演じる」と「描く」という違いはあるけれど、どちらも「表現者」である点は同じです。


それぞれ独自の表現方法で伝えてくるものが、受け取るこちら側の心に深く届いたときに心が揺り動かされる。


それが「感動」が沸き起こるということなんだろうなと、勝手に解釈しています。


美術も音楽も、そして文学も芝居も、広い意味で全て芸術。


どれも独自の表現方法をもって、人に感動や勇気や癒やしを与えてくれるものです。


めったなことでは動じなくなった年令でも、まだまだこんなに心動かされる対象があると感じるため、そして今ここに生きている甲斐がある、つまり「生き甲斐」を感じるため、人は何らかの芸術に触れたいのではないでしょうか。


それが、音楽を聴くことだったり、絵を鑑賞することだったり、小説を読みふけることだったり、好きなアイドルや俳優に夢中になることだったりと、人それぞれなだけ。


もちろん、これはあくまでも私の考えです。でも私たち世代の女性が、若い誰かに夢中になるのは、多かれ少なかれそこに生きている甲斐を感じているからに間違いないと思います。


ですから、残り時間も美しさもたっぷり持っている若い方にどうかお願いです。


「キモイ」とか「イタイ」とか毛嫌いせずに、中高年世代の生き甲斐を温かく見守っていてください(*^_^*)



実は私、このところの自分のブログ記事を見返して、ひとつ反省していることがあるんです。


そもそもこのブログは、モラハラやPTSDが誘引となって離婚に至った私の、おひとりさま日記のようなものです。


ザックリ言えば、結婚に失敗して、こんなに年をとってからおひとりさまになったけど、何とか幸せにやってるよ!だから、あなたもがんばって!みたいな想いを軸にして書き始めました。


今ではわざわざブックマークしていただいている方も多いのですが、その方たちがこのブログに求めているものと、ここ最近の私の投稿内容とは全くかけ離れていたなということに気づいたんです。


いつも読みに来てくださる方を無視して、自分勝手にはしゃいだ記事を連日アップしてしまったことを猛省中。


ドラマを観ていない方や、私が誰のファンだろうと興味ない方には、全く無意味なここ数日の記事だったはずです。ごめんなさい。


その一方で、私の町田啓太びいきの記事に共感して、コメントやメッセージを下さった方も少なからずいらっしゃいました。本当に嬉しかったし、ありがたいことだと感謝しています。


そんな中のおひとりが(私より少し上の年令の方)寄せてくださったメッセージが、とても印象的だったのでシェアします。


「年令の引け目があって、公式掲示板やご本人のブログに書き込む勇気がありません。花音さんのブログがあって、助かりました」というものです。


そんな風に言っていただいたら、恐縮してしまいます(照)


その方がおっしゃるには、番組の公式掲示板には、40代や50代、さらには60代や70代の方からの町田啓太くんへの熱いメッセージがたくさん並んでいるそうです。


やっぱり、中高年にも支持されやすいルックスなんですよね。さすが昭和顔(笑)


「でも、私はやっぱり書き込むのは気おくれしてしまいました」と書かれたその方のメッセージを読んで、思うところがありました。



私は、このブログの元々のテイストを好んで読みにきてくださる方に向けて、役立つ記事を書きたい。


かたや町田啓太くんを応援しているファンの方、中でも年齢的に気後れして、おおっぴらに語れない方に喜んでもらえる記事も書きたい。


この両方を成立させるために、ブログを切り分けることにしました。


このブログは私にとって大切な場所です。半年間、愛情を持って書き続けてきました。だから、これからも今までどおり、コツコツと続けていきます。


それとは別に、町田啓太くんへの想いや彼のドラマのお話をしたい方が、年令に関係なく集えるブログを新たに開設しようと考えたのです。


街の片隅でひっそりとやっている、ロックスナック・ハローみたいなブログがあっても、広いネット上で邪魔にはならないんじゃないかなと(*^^*)


ただいま準備中なので、出来上がったら、また告知しますね。


さて、今日から9月

新たな1ヶ月を元気で過ごしましょう


↓↓すでにシッカリ予約済みです

美女と男子 DVD‐BOX 1  

美女と男子 DVD‐BOX 2<完>


スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: ✿ ブログ

サラさんへ

こんにちは(*^_^*)

> >ロックスナックハローのようなブログ
> 私も(/~ー~)/‥∵:*:楽しみにしています☆

ありがとう♪できたらお知らせするので、ぜひぜひ常連さんになってください。

> 町田啓太くんもきっとブログ見に来てくれるかも~♪

おーっ!?そこまでは考えていなかったんだけど、でも、もしそんなことになったらファン冥利に尽きますね。

> これから数々の演劇賞を受賞するたびにファンの皆さん
> と感激の涙を流しましょうね(*^^)

あんなステキな俳優さんだから、もっともっと沢山の人に知ってもらいたいです。

> >今デザインとかを考えてる最中なので
> エンブレム炎上にはどうかなりませんように(*´・艸・)★

ねー、エンブレムとんでもない騒ぎになっちゃいましたね。せっかくのオリンピックにケチがついたみたいでイヤだなぁ。


私も「よーし!ファンブログ作るぞ!」って張り切って、ちょっと凝りすぎてたら前に進まなくなってしまってました。もうあんまりカッコつけずに、シンプルにしようと思います。なので、あと数日でご案内できそうです(^O^)v

花音(かのん) | 2015.09.05 12:39 | URL


✿ ブログ

>ロックスナックハローのようなブログ
私も(/~ー~)/‥∵:*:楽しみにしています☆

もしかしてだけど・・・もしかして?
町田啓太くんもきっとブログ見に来てくれるかも~♪
これから数々の演劇賞を受賞するたびにファンの皆さん
と感激の涙を流しましょうね(*^^)

>今デザインとかを考えてる最中なので
エンブレム炎上にはどうかなりませんように(*´・艸・)★

これからも素晴らしい音楽や感動することに触れて
貴重な人生を大切に送っていきたいですね。

サラ | 2015.09.05 11:54 | URL[ 編集 ]


かぼちゃケーキさんへ

こんにちは^^いつも見ていただいてありがとうございます。


> 私は、恥ずかしながら、公式掲示板にも何度かコメントを寄せたことがあります。公式にもこのネームを用いていましたので、年齢は…(^_^;)


あっ、私も私もσ(^_^;)同じく花音のHNのままコメント入れました(笑)

でも、この記事でシェアした方のように表立って書けない人も結構いるんじゃないかなって感じています。


> ところがこの4月から(「美女と男子」に出合ってから)、全く生活パターンが変わってしまいました。

そうだったんですね。かぼちゃケーキさんにとって、運命のドラマということかも知れませんね♪

> ロックスナックハローのようなブログ!楽しみにしています。

はい、今デザインとかを考えてる最中なので、でき次第にお知らせします。

実は私、かぼちゃケーキさんがまたコメント入れて下さるのをお待ちしていたんです。お詫びがしたくて…

前回、私のコメント返信の文中で、かぼちゃケーキさんのHNをかぼちゃプリンさんなんて書き間違えてしまっていました。このコメント欄、一度アップしちゃうと修正できないので、申しわけなくてずっと気にしていたんです。改めて「ごめんなさい」

また、遊びに来てくださいね(@^^)/~~~

花音(かのん) | 2015.09.03 12:12 | URL


ご無沙汰しております。

心にフワッと潜り込むような内容に、思わずコメントさせていただきました。

私は、恥ずかしながら、公式掲示板にも何度かコメントを寄せたことがあります。公式にもこのネームを用いていましたので、年齢は…(^_^;)

数年前に大病を患う前までは、上京して観劇するのが楽しみでした。
その後は、無理せず自分のペースでできる読書やDVD鑑賞が気分転換の手段でした。ところがこの4月から(「美女と男子」に出合ってから)、全く生活パターンが変わってしまいました。

ロックスナックハローのようなブログ!楽しみにしています。

かぼちゃケーキ | 2015.09.02 22:26 | URL


のりさんへ

ようこそ(*^_^*)

心強いコメントありがとうございます。


> 若くて素敵な人観て元気貰いましょう

ホントにそうですよね。確かに元気出ますもん♪

> 私もジャニーズ大好き(^^)
> 今月の嵐のコンサートも行きますよ
> そこでたくさん、元気をもらってきます!

めいっぱい楽しんできてくださいね。
良かったら、嵐のお話もまた聞かせてください。

これからもよろしくお願いします。

花音(かのん) | 2015.09.01 12:35 | URL


初めまして!

御同輩!
いいじゃないですか
若くて素敵な人観て元気貰いましょう

私もジャニーズ大好き(^^)
今月の嵐のコンサートも行きますよ
そこでたくさん、元気をもらってきます!

好きなものがたくさんあるって、人生を豊かにしてくれますよね
子供達も育ちあがった今を楽しみましょう

のり | 2015.09.01 08:55 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル