ホームドラマレビュー ≫ やっぱり「民王」最高♪第2話も面白すぎて元気が出るよ!

やっぱり「民王」最高♪第2話も面白すぎて元気が出るよ!


entry_img_184.jpg



週末の今日。

私は、ひと仕事終えて、夕方からずっとドラマ三昧でした。


今週はゆっくりとドラマを観る時間がとれなかったので、本日4本もまとめて観てしまいました~


その中でも、やっぱり「民王」は、最高!!


応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 


スポンサーリンク


こちら関西では、1週間遅れの放送になったので、今回は第2話。


まずは、さらっとあらすじを書いてみますね。


ウズラスキスタン国の大統領ガードナーの来日を受けて、武藤総理は、その外交手腕が問われるという事態になります。


レアメタルの一種であるボンジョビウムが禁輸された日本にとって、その主要産出国であるウズラスキスタンとの首脳会談は、何がなんでも成功させなくてはならない絶対命題!



でも……


ガードナー大統領をおもてなしするのは、見た目は武藤泰山ながら、中身はおバカな息子の翔なのです。


先週の放送をご覧になった方ならお判りでしょうが、翔くんは、国会答弁において『未曾有をミゾウユウ、直面をジカメン』などと、ことごとく原稿を読み間違えるというおバカぶりを発揮してしまいました。


そのおかげで、今や、「武藤総理ならぬ、ムノウ総理」などと嘲笑されている始末です。


今回の首脳会談に失敗すれば、一巻の終わり!いわば背水の陣なのですが、はてさてどうなることやら。


そして、翔くんは大方の予想通り、とんでもない失敗を次々とやらかしてくれます。


周りはハラハラと心配したり、イライラと怒ったり、アングリと呆れたり、ドヨーンと落ち込んだり、もはや輸入交渉も頓挫したかと思いきや……


翔くんの咄嗟のパフォーマンスが、大統領の心を溶かし、ボンジョビウムを優先的に日本に渡してもらえる運びとなったのです。


50分程度の放送中、とにかく笑えるシーンがてんこ盛り


大統領をお迎え早々、「How are You?」と挨拶するべきところ、「Who are You?(あなたは誰?」」と言ってしまう翔くん。


続いては、大統領のリクエストで出向いた地下アイドルのコンサート会場で、お国柄の違いによるタブーをおかしてしまう翔くん。


国技の紹介で訪れた相撲部屋では、まわしをつけた格好の翔くんが、お相撲さん相手に練習風景を見せる羽目になるのですが、何といっても中身は軟弱男子です。


いざとなると、「ムリ、ムリ、ムリーッ!」と、土俵の中を逃げまわる醜態を見せるシーンなんか、もうお腹が痛くなるほど笑えました。


おもてなし最後の場所は、武藤総理行きつけの高級寿司屋。


そこでも失敗をしでかす翔くんですが、最後は官房長官(金田明夫)や第一秘書(高橋一生)も巻き込んでの、キャラクターダンスを披露します。


結果的には、これが外交成功につながるんですが、このダンスがホンマに可愛くて微笑ましいんです


それをあのワニ顔のエンケンさんや、渋い金田明夫や、クールな高橋一生が、いかにも楽しそうにやる姿が、何とも言えない面白さでした。


コメディって、やっぱりここまで突き抜けないとダメっていう見本のようなドラマだと思います。


面白くて、楽しくて、笑いっぱなしで観られる「民王」に、元気をいっぱいもらえました


これで、また1週間がんばれそうです


それにしても、このドラマ、キャスト全員が芸達者!演技のひとつひとつが、すべてツボにハマります(笑)すでに来週が待ち遠しい



では、おやすみなさい

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル