ホームおひとりさま健康情報 ≫ 足がつるのは猛暑のせい?中高年のこむら返り、その原因と対処法

足がつるのは猛暑のせい?中高年のこむら返り、その原因と対処法


entry_img_182.jpg



「39.1℃」


これは、本日もっとも気温の高かった、群馬県館林市の気温だそうです。


ひょえーーっ!!?


うちのお風呂の設定温度よりも高い!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 




スポンサーリンク


館林市以外でも、全国の190ヶ所以上で35℃以上の猛暑日だったようです。


猛暑日の連続記録も更新中だし、歴史的猛暑とか殺人的猛暑とか言われるのも頷けます。


私はといえば、今日は2件も打ち合わせがあって、猛暑の中を出かけました。


炎天下を歩いたあとに冷房の効きすぎたところで過ごし、そのあとまた炎天下に出て、そしてまた冷房のくり返し。


いかにも体に悪そうです。


案の定、いつになくだるくて、帰宅後は横にならずにいられませんでした。


バリバリに元気というほどの体力はありませんが、それでも日中に疲れて横になることなど滅多にない私です。


そもそも普段から疲れるようなことは何もせずに、ほとんど静かに座って仕事しているだけですからね(笑)


でも今日は、極端な気温差の中を出たり入ったりしたせいで、必要以上に体力を消耗したのだと思います。


ちょっと横になって2、30分。


ちょっとウトウトしていたら、いきなりの激痛に飛び起きました


足がつってしまったんです。


いわゆるこむら返りというやつ。


こむら返りというのは、主にふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉が硬直した状態のこと。


足がつる原因として、まず考えられるのは、激しい運動による筋肉疲労。


あるいは、体力が落ちていたり必須の栄養素が不足していたりなど、体調が万全でない状態で、長時間歩いたり立ちっぱなしなどの条件が重なると起こりやすいようです。


また、私のように慢性的に運動不足な中高年の場合は、常に腓腹筋が緊張した状態にあり、ちょっとした刺激でも足がつってしまうことがあります。


おそらく、たいていの人がこのこむら返りを経験していると思いますが、耐えられないほどの痛みですよね。


とりあえずの対処法は、手でつま先を掴み、すねの方向に向けて引っ張ります。これを数秒間、痛みがなくなるまでくり返し続けるといいようです。


そして予防法としては、普段からふくらはぎのストレッチを習慣化しておくことと、イワシやサバなどの青魚や、ひじき・わかめ・こんぶなどの海藻類をしっかり食べて、カルシウムやマグネシウムを摂取するように心がけましょう。


明日、8月8日は立秋


暦の上では秋ですが、猛暑はまだしばらく続くようですので、こむら返りだけでなく、熱中症にも気をつけながらお過ごしください。



熱中症対策の参考にしてください↓
おひとりさまの熱中症対策


では、また明日


スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル