ホームドラマレビュー ≫ まさかの断念!?北川景子主演「探偵の探偵」第3話レビュー未遂

まさかの断念!?北川景子主演「探偵の探偵」第3話レビュー未遂


entry_img_164.jpg



おはようございます


ただいまの気温、なんと32.5℃!このあと、いったい何度まで上がるのかと思うと、恐ろしい~!


さて、時々ドラマレビューをしている私ですが、それについて本日は残念な報告がひとつ。



ランキングアップの応援をしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク



私が北川景子ファンだということは、以前にも書きました。


その景子ちゃん主演の木曜ドラマ「探偵の探偵」は、もちろん必ず観ようと張り切っていたんです。


そして去る23日は、その第3話。


もちろん観ましたよ


ところが、ところが、第3話にして、もう今後は観るのを断念するかも知れない気配が濃厚に!




探偵の探偵 第3話




ドラマ自体が面白くないとか、決してそういうことではないんです。


あまりにも暴力シーンが過激すぎて、「痛そう」とか「ボッコボコ」とか「グロい」とか、そういうのが大嫌いな私は、観るのが辛くなってしまいました。


私、血を見るシーンも大の苦手。


たとえストーリーがすごく面白くても、その手のシーンは、つい目をつぶってしまう(笑)


過去のドラマで言えば、「MOZU」とか、この春シーズンの「ウロボロス」とか。


ウロボロスなんか、ドラマ自体はものすごく好きでしたけど、痛いシーンは飛ばしました


だから、血を見るシーンが多すぎると、目をつぶったり、飛ばし見になるので、ストーリーがよくわからなくなってしまうわけで。


この「探偵の探偵」も、今後もこんな感じで暴力シーン満載だとしたら、ヒロインが大好きでも観るのは難しいかも。



そもそも、ヒロインの北川景子や共演女優(川口春奈)をあそこまで痛めつける必要ありますかね?


美しさが売りの人をあんなに血みどろにして、あんまりだと思います。


今回だけ特にひどかったのかなぁ、そうだといいんですけどね。


予告によると、次回以降はもっと過激っぽい



一応、ちゃんと観たところだけで(たぶん全体の3分の2くらいかな)レビュー書いてみます。


前回の放送で、「胡散臭いなぁ」と思った人は、やっぱり悪い人だったという結論!


警察の嘱託医の矢吹医師(高岡早紀)とか。


前回、あんなにも警察の隠蔽を暴露していたくせに、玲奈(北川景子)が捜査状況の情報を欲しいと言うと、「私は警察の嘱託医という立場上、それはムリ~」みたいなことを言うんです。


「はっ?今まで、散々しゃべってたやん?」と突っ込みました。


そう言いながらも、結局は玲奈が喰いつくこと間違いない!という情報を流すあたり、「こりゃあ、おびきよせに違いない」って観ていた人全員が思ったはずです。


こんな簡単に先が読める時点で、ドラマの設定にも大いに難ありとも言えますが……


今回は、琴葉が玲奈の亡くなった妹と同級生だったことを告白したことで、2人の関係性に変化が生じました。絆がより深くなったという感じです。


でも、北川景子ファンとしては、ヒロイン玲奈が危ないときに、シッカリと守ったり助けたりしてくれる、強くて頼れる男性の味方を配置して欲しい!!


そうじゃないと怖くてハラハラし過ぎて、次回からホント観ないかも知れません。



全編をしっかり観れていないので、本日のレビューは未遂ですね。ごめんなさいm(__)m



今日は、のちほど「新しいシリーズ記事」を書いてみようと予定しています。よかったら、また読みに来てくださいね


スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル