ホーム50代おひとりさまの考え方 ≫ 天使のおかげで、弟はめでたくおじいちゃん、そして私は大おばさんに♪

天使のおかげで、弟はめでたくおじいちゃん、そして私は大おばさんに♪


entry_img_143.jpg



「おじいちゃーん♪」と呼ぶと、弟はデレデレとにやけます。


4月のはじめに初孫が生まれて、それ以来、孫のことしか頭にないという様子


ランキングに参加中です。
よかったら応援して下さいね↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 


スポンサーリンク


弟の孫から見ると、私は大おばさんになります。


そして、私から見る弟の孫は、「姪孫(てっそん)」って呼ぶそうです。


へぇ~、知らなかったわぁ。皆さん、ご存知でしたか?



可愛いですよね~、赤ちゃん


小さい体で一生懸命に泣いて、お顔いっぱいで笑ってくれて、天使そのものです。


そんな天使に癒やされたくて、「◯◯(孫ちゃんの名前)が来てるよ~」って、弟嫁から連絡があると、私もついウキウキと会いに行ってしまいます。


迂闊にカメラを向けちゃいけないかなぁと遠慮して、弟に「ねぇ、私のスマホに◯◯ちゃんの画像を送ってよ」と頼んでみたところ……



「ダメ!ダメダメッ!」と、全力で断られました。


なぜ?


どうやら、私が嬉しがって、ブログにアップしたりするんじゃないかと、疑っているらしいです。



そんなことしないのに(笑)



今さら言うまでもありませんが、赤ちゃんや子どもの写真をネット上にアップするのは、大げさでなく非常に危険ですよね。


このブログを読んでくださってる方は、もちろんそんな無謀なことは、なさらないとは思いますが。


でも残念ながら、「うわぁ、コレってどういうつもりなんだろう!?」て、見ているこっちがハラハラするような写真は、今でもよく見かけます。



アップしたい気持ちは、とーってもよくわかるんですよ。


だって可愛いですもんね。


大おばの私でさえも、周囲の人に自慢したくなるんですから、ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんなら、できるだけ大勢の人に自慢したくなるのはあたりまえ。


だから、本当は弟だって、おじいちゃんとして、愛しい初孫を全世界に披露したいくらいなんでしょうけどね。


それでも尚、彼が姉の私にさえも画像を流してくれないのは、ちょっとした事情が……


実は弟には、苦い経験があるんです。


弟は小さい会社を経営していて、十数人の社員さんがいます。


今から数年前に、社員さんの中のおひとりの身に、とんでもない不幸が起きたのです。正確には、社員さんのお嬢ちゃんの身にと、言い直します。


当時、9歳だったそのお嬢ちゃんの顔写真が、いかがわしいサイトのコラージュっていうんですか?そういうのに悪用されてしまったんです。


そのせいで色々と問題が噴出してしまって、弟も対応に追われたし、何よりもその社員さんやご家族の困惑は、大変なものだったと思います。


しかも、お嬢ちゃんの写真を撮ったのが、パパやママではなかったことも、ちょっと事を複雑にしていました。


話はややこしいんですけど、つまりはこういうことです。


弟の会社主催で開催したイベントのときに、招待客のおひとりが撮影して、しかもそれを他の写真と一緒に、何気なくSNSにアップしてしまったとのこと。


もちろん悪意からの行為では、なかったはずです。ほんの少しの配慮が、足らなかっただけなのだと思います。


最終的にいかがわしいサイトに悪用したのは、どこの誰ともわからない、卑劣で悪趣味の輩というのが真相。


世の中、怖い


でも、その一件で、クライアントさんとも社員さんともギクシャクしてしまったので、弟は肝に命じているのだと思うんです。


ネットの世界では、迂闊なことはするまいと。


世の中には、いわゆる変態的な人もいっぱいいますよね。そして厄介なのは、そういう人が普段は、どこにいるのかわからないこと。顔も姿も見えないネットでは、なおさらです。


大切な写真が、最悪にも海外サイトなんかに流れてしまったら、もう目も当てられません。


もし、いつかどこかで、万が一にも自分のあずかり知らぬところで、写真が悪用されていると判明したら。本人も家族も、どんなにショックでしょう!?


もっと怖いのは、それが事件に発展したら!?あるいは、個人が特定されたり、なりすましに利用されたりしたら!?


「うちだけは大丈夫!」とか、「そんなこと、万にひとつもありえない!」と、言い切れる方は別にかまいません。


でも、わざわざ餌を自分の手でまいて、大切な赤ちゃんやお子さんを危険にさらす必要もないのではないでしょうか。


と、大おばさんは思います。



でも、「てっそん」ちゃんの画像は、すごーく欲しいんですけどね(笑)


では、また明日


スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル