ホームおひとりさま健康情報 ≫ 梅干しは優秀な健康食品の代表!医者いらずの万能ぶり♪

梅干しは優秀な健康食品の代表!医者いらずの万能ぶり♪


entry_img_101.jpg



梅干しはお好きですか?


一粒ポンッと口に入れたところを想像しただけでも、思わずムギュッーっと唇をすぼめて、しかめっ面になりますね


そんなすっぱい梅干しですが、昔から「医者いらず」と言われるほど、あらゆる症状に効果があることは、よく知られています。


では、梅干しの万能ぶりについて、具体的にいくつかあげてみましょう。




↓クリックが一人暮らしの支えです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

スポンサーリンク




疲労回復  頭痛  肩こり  二日酔い  便秘 etc



ザットあげただけでもこんなにやっぱり梅干しってスゴイんですね。では、梅干しがいかに優秀か、ひとつずつ紐といてみます。


まず、疲労回復の効果について



疲労の原因になる成分が、体内に蓄積された乳酸と呼ばれるものです。この乳酸は、体の中でブドウ糖をエネルギーに換えるとき、エネルギーとともにいっしょに作られてしまいます。


つまりエネルギー変換をすればするほど、乳酸もいっぱいできてしまうそして乳酸が沢山たまることで、体内は酸性に傾き、これが「疲労」となってあらわれるわけです。



ここで活躍するのがクエン酸


クエン酸は、乳酸を水と二酸化炭素に分解してから、体外へ排出してくれます。しかもクエン酸には、乳酸をエネルギーのもとになる物質に変化させる働きまであるんです。


このクエン酸が豊富に含まれているのが梅の実。そして、その梅の実を干して加工することで、梅干しのクエン酸含有量はさらにアップします



続いて、頭痛の緩和について



おばあちゃん世代では、こめかみに梅干しを貼ると頭痛が治る、と言われていたそうです。


でも、私のまわりでは、それを実践している人を見かけたことがないですし、もちろん私自身も試してみたことはありません。オデコの両脇に梅干しを貼り付けてる図を想像したら、かなり恥ずかしい~


梅干しの香り成分のベンズアルデビドには、痛みを緩和する効果が確かにあるそうです。と言うことは、わざわざこめかみに梅干しを貼り付けなくても、香りを嗅ぐだけで同じ効果が得られますね。



次は、肩こりを和らげる効果について




私もそうなんですが、加齢とともに体を動かすことが減ったせいか、肩がこりやすくなって気がしませんか?常に肩が重く固まっている感覚って、けっこう辛いですよね。


この辛い肩こりにも梅干しは威力を発揮してくれるそうです


クエン酸が、血液中にたまった乳酸を代謝させ、疲労物質を消失してくれます。


「梅ぼし番茶」もいいらしいですよ。熱い番茶に梅干し一個をいれて、そこへ醤油を少々たらして飲むと、新陳代謝を促してくれるというもの。


肩こりがあまりに辛い時は、梅肉を直接患部に貼り、乾いたら交換するというのを繰り返すと、楽になるそうです。



よく知られているのは、二日酔いを楽にする効果について



飲み会は楽しいけれど、つい調子にのって飲み過ぎたあとの二日酔い。辛いですよね~


梅干しが二日酔いに効くのは、昔からよく知られています。


二日酔いというのは、アルコールを大量に摂取したことで、有害物質アセトアルデヒドの処理に、肝臓が追いつかないことによって起きます。つまり一時的に、血液が有害物質だらけの汚れた状態になっているわけです。


梅には浄血作用があるので、この濁った血液をきれいにしてくれます。血液が浄化されることで、頭もスッキリ


梅干しを熱湯にといて飲む方法が一般的ですが、焼いた梅干しを熱い番茶に入れるのも効果的です。


ちなみに、お酒を飲む前に梅肉エキスを飲んでおくと、二日酔いの予防になります。



意外なところで、便秘解消効果について



便秘も辛いですよね。便秘というのは、腸の働きが低下して、便の通過を阻害して固くなってしまうことをいいます。放っておくとどんどん出にくくなるし、かと言って市販薬に頼ると腹痛を招いたり、常習化したりして余計に辛い


だから、本格的な便秘になる前に、梅干しを食べて解消できたらいいと思いませんか?


梅のクエン酸が口の中の唾液の分泌をうながし、同時に胃液の分泌も盛んにする効果があります。口から胃を経て腸に届いたクエン酸は、さらに腸を刺激して蠕動運動を誘発してくれるのです。


蠕動運動というのは、便意を感じるときに起こる、お腹のゴロゴロ感のこと


そして、クエン酸には腸内を善玉菌に適した環境に整えてくれたり、ストレスを和らげてくれる効果もあります。そのため、ストレスに起因する過敏性腸症候群の緩和にも効力があるそうです。


万能の梅干しだけど、食べ過ぎはNG



これ以外にも、軽いやけどや虫さされ、貧血予防や風邪予防、食欲不振や夏バテの解消など、まだまだ沢山の効能がある梅干しですが、体にいいからといって食べ過ぎは禁物です。


たっぷりの塩を使って作られる梅干しですので、食べ過ぎはすなわち塩分の摂り過ぎになってしまいます。


健康読本や栄養関連のサイトなどでは、梅干しは1日に2個まで(大きさにもよりますが)と書かれているものが多かったです。


欲張っていくつも食べると、かえって塩分過多による悪影響が出る恐れがあるので、食べ過ぎないように気をつけてくださいね~

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 幸せの時間を生きる All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル